SSブログ

キングレコード歌謡文化アカデミー(KBA)  神野美伽の新曲「海猫」を課題曲に大阪で2013歌謡講習会開く 作曲家弦哲也の歌唱指導と神野のミニライブも [イベント]

◆キングレコートが全国で展開するカラオケ歌唱指導のキング歌謡文化アカデミー(KBA)が、2013年9月19日、大阪市淀川区のニューオーサカホテルで、大阪地区の歌唱講習会を開いた。この日の課題曲は9月4日に発売されたばかりの神野美伽「海猫」(作詞・荒木とよひさ、作曲・弦哲也)で、弦哲也が歌唱指導し、神野が「海猫」などを歌うミニライブも行われた。

KBA大阪3.jpg
作曲家弦哲也のギターで歌唱指導を受ける会員
KBA大阪2.jpg
必死に講師の話に耳を傾ける受講者たち

 キング歌謡文化アカデミーが毎年秋に、アカデミー会員を対象に東京、大阪、福岡で開催している。課題楽曲作曲家と歌唱アーティストを招いて、本人たちが歌唱指導(レッスン)を行い、歌も披露するというもの。

 今回はヒットメーカーの弦が指導し、それを神野が歌うといった指導スタイルが人気を呼んで、西日本地区の同アカデミー会員でカラオケ教室講師と生徒130人が参加した。これは昨年の参加者の倍以上の数で「年々、講習会の認知度も高まっています」と、主催者のKBAもホクホク顔。

KBA大阪1.jpg
弦哲也のギター演奏で模範歌唱


KBA大阪4.jpg 前半は弦が自らギター演奏して「海猫」を模範歌唱し、生徒たちが歌う曲には1小節ごとにアドバイスを加えるなど、丁寧な指導ぶりをみせていた。
 会員からの質問に弦と神野、キングレコードで神野を担当している古川健二プロデューサーの3人が答えた。KBAのメンバーにとっては日頃、聞けないアドバイスに真剣に耳を傾け、メモを取る姿も見られた。この後、神野が「海猫」「北港」などを歌うミニライブも開かれ、最後は全員で「海猫」を歌唱した。

 KBAの関西地区担当者は「ヒット曲作りにはいろんな施策・展開がありますが、このようにレコード会社が直接行うカラオケ指導講習会の持つ意味は大きく、これからも継続して行きたい」と話していた。






神野美伽は新曲「海猫」などを歌った



[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/
[キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/default.aspx


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。