So-net無料ブログ作成

北野まち子(キングレコード) デビュー30周年記念曲「こころの灯り」 小さな幸せを支えに歌ってきた自らを写す [インタビュー]

北野まち子11.jpg◆キングレコードの歌手、北野まち子が2018年11月にリリースした「こころの灯り」。デビュー30周年記念曲である。1989年に「包丁一代」(作詞・いではく、作曲・岡千秋、編曲・前田俊明)でソニーからデビューして28枚目のシングルになる。支えられながら歌ってきた今までの歌手人生と重ねている。





北野まち子・こころの灯り.jpg









 「自分を今まで支えてくれた人などへの感謝の気持ちと、歌の道に邁進してきた自分と重ねて、歌手人生30年を表現出来る内容の作品を作ってもらいました」
 北国の人らしく、北野まち子の言葉の端々には誠実さが滲んでいる。

 北野のデビューは平成元年である。
 そのデビュー曲の「包丁一代」は、音楽ディレクター・馬渕玄三氏のプロデュースによる歌手募集コンテストでグランプリを受賞したもの。それをきっかけに、CBSソニーから北乃町子の芸名でデビューした。今の北野まち子に名前を変えたのは、1975年5月に出したシングル「しぐれ海峡」からである。
 「平成とともに歩んできました。28枚のシングルはどれもが大切な宝物です」と北野。

 キングレコードは2002年2月の「おんな春秋」からである。移籍後に出したシングルの枚数は今作で23枚目になり、名実ともにキングを代表するアーチストになっている。

 その新曲「こころの灯り」は、小さな幸せを支えに生きていく女性を歌っている。
 彼女も今までファンの応援を心の支えにして歌の道で頑張ってきた。まさに彼女自身と重なる作品なのである。
 北野も「皆さんが心の支えにしていらっしゃる方を思い出しながら、この歌を聴いていただけたらうれしいです」と、話している。

北野まち子22.jpg

 キングレコードに移籍してから、CDショップなどでの店頭キャンペーンの回数が増えたという。
 「上手く歌えたか、お客様に届いているかなど自分の評価になりますね。『良かったよ』なんて言ってもらえると励みになります」
 今作でも聴いた人たちから「いいですね」といった声が返ってくる。

■北陸のやすらぎの里、能美を歌う

 カップリングの「能美の里から」は、石川県能美市を舞台に歌ったもの。2010年に「あなたがいたから」のやはりカップリングで、同市辰口町にある辰口温泉を舞台にした「たつのくち恋歌」を歌ったのをきっかけに同温泉観光大使に。
 毎年8月には同町で開かれる「たつのくち祭り」にゲスト出演して歌を披露している。
 去年5月には能美市観光大使にも就任している。

 今回の30周年記念曲のジャケット写真では同じ石川県の名産である加賀友禅の着物を見せているのも、そんな縁があってのことだという。





[北野まち子 オフィシャルサイト]
http://www.machiko-k.com/
[北野まち子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=18678







nice!(6) 

nice! 6