SSブログ

光岡洋、10年ぶりの新曲「旅の女 / 京都花見小路」で発表会 斉藤功・浜村淳も出演 [イベント]

◆歌手の光岡洋が10年ぶりに2024年3月にリリースした新曲「旅の女 / 京都花見小路」の発表会が5月12日、大阪市淀川区のホテル大阪ガーデンパレスで開かれた。作曲と編曲を担当した斉藤功のギター演奏に合わせて新曲を披露。またこの日の司会は、先頃、担当するラジオ番組の50周年記念公演を行なったばかりで89歳の浜村淳が務めた。

光岡洋 4.jpg
写真・新曲を披露する光岡洋


 新曲発表会に先駆けて菅田建材(大阪府門真市)の菅田公美社長が来賓を代表して挨拶。「新曲発売おめでとうございます。この歌が全国に届くことを願っています」と激励して開幕。

 ラジオ番組「ありがとう浜村淳です」の50年を記念した公演を行った浜村淳は、「芸能人で一流になるのはユーモアがある人。光岡さんは同時に男らしさの中に女性の繊細さを持ち合わせている」と、称えた。

菅田公美.jpg
写真・挨拶する菅田公美さん
浜村淳.jpg
写真・浜村淳

 光岡は1986年に「ふるさともとめて花いちもんめ」で歌手デビュー。
 2008年に日本クラウンに移籍して、「野郎船」をリリース。12年には「島立ちの春」を出している。14年には「居酒屋人情」を発売し、今作の「旅の女 / 京都花見小路」はそれ以来の新曲となる。

光岡洋 3.jpg光岡洋 6.jpg
写真・光岡洋

 これら今までのオリジナル曲を歌った。新曲の表題曲「旅の女」(作詞・吉田昭男、作編曲・斉藤功)は3連のリズムの歌謡曲で、ふる里を捨ててさまよう女性の心情を切々と歌っている。
 一方の「京都花見小路」(同)は京都の町を舞台にした男と女のラブゲーム。

斉藤功・浜村淳.jpg
写真・トークショーで新曲制作について話す斉藤功(右)

 ステージで行われたトークショーで斉藤は、光岡の優しさを出した曲作りを心がけたことを話し、「イントロを聴いただけで曲名を思い出してもらえる曲を目指しました」と、制作の思いを明かした。

 いずれの楽曲も斉藤のギター演奏と女声スキャットが、光岡の歌をさらに盛り上げている。
 この日は新曲それぞれをギターバージョンでも聴かせた。

光岡洋・斉藤功.jpg
写真・斉藤功のギターで歌う光岡洋

 光岡はカバー曲も堪能させた。デビュー前に本人よりもたくさん歌っていたのではないか、という山本譲二の「みちのくひとり旅」から、歌手デビューへの原点となったと話す因幡晃の「わかって下さい」船村徹プロデュースで作曲叶弦大、北島三郎が歌ったという「山美しく」を歌った。

 ショーではまた、2年前に発売して今なお好評なメジャーデビュー曲「心いくとせ」(テイチクエンタテインメント)を歌う三浦潤平がサプライズ出演。
 歌を聴かせ、「光岡さんとは10数年来の付き合いで、歌のアドバイスももらっています」と話した。

三浦潤平.jpg
写真・三浦潤平
京香.jpg
写真・京香

 金沢を中心に活動する光岡の歌のパートナー、京香は「道頓堀えれじい」を歌った。

 新曲発表の歌謡ショーに先駆けて、光岡を応援する人たち11人によるカラオケ歌唱が行われ、「これからも光岡洋を応援して下さい」と、呼びかけていた。

光岡洋 1.jpg
写真・次のステップへ向けて歌い続ける光岡洋

※写真・記事の無断使用はお断りします。








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2