SSブログ

「源氏物語」の紫式部ゆかりの石山寺へ 第36回歌を歩く [イベント]

◆大阪からJR新快速電車で約45分で最寄駅の石山駅に着く。瀬田川沿いにある目的地の石山寺へはここから歩いて約40分である。2020年7月の第1回目の京都・きぬかけの路から前回の神戸・布引の滝・灘五郷を巡った、35回に渡るコースの中で最も短いコースであった。24年5月25日の歌の舞台を歩いて訪ねる大人の遠足、「歌を歩く」の36回目は「源氏物語」の作者である紫式部ゆかりの石山寺を訪ねた。

第36回歌を歩く・石山寺 017.jpg
写真・石山寺の門前に立つ参加者
第36回歌を歩く・石山寺 018.jpg
写真・境内には平安の雅を感じさせる演出も


 先の見えない山道を歩いたり、猛暑の中を汗びっしょりになってただひたすら目的地を目指したり、と今まで「歌を歩く」は、さまざまな環境の中で歌の聖地を歩いて訪ねてきた。歩いて歩いてとにかく歩くことを目的にした大人の遠足なのである。

 目的地をどこにするかを決めたり、そこにまつわる歌を選定するのはすべて「Music news jp」の編集長であるボクが行っている。ただし現地でのナビゲーターはその都度、参加者の誰かに任せて、ボクはぶらぶら歩いて写真を撮るだけ、と決め込んでいる。

第36回歌を歩く・石山寺 013.jpg
写真・京阪石山坂本線に沿って住宅街の道を歩く
第36回歌を歩く・石山寺 012.jpg
写真・御陵神社前で。壬申の乱で敗北した、天智天皇の長子である大友皇子(弘文天皇)を祭神として祀っている
第36回歌を歩く・石山寺 011.jpg
写真・イロハモミジ(Google調べ)が綺麗な新幹線の線路脇にある住友活機園。住友財閥2代総理事・伊庭貞剛(近江源氏佐々木氏支流伊庭氏の一族)が引退後に居住した邸宅。活機とは俗世を離れながらも人情の機微に通じること

 さて、今回は平安時代の歌人で作家である紫式部が超大作のラブストーリー「源氏物語」を書き始めた場所とされている滋賀・大津市の石山寺をその〈聖地〉とした。

 午前10時30分にJR大阪駅中央改札近くに集合して、45分発の新快速に乗った。石山駅は京都駅からは新快速で2つ目の駅である。普段は降りることもない所だ。

 到着するともう昼前。すぐに食事をする店を探すことにした。腹ごしらえをしないと歩けない。
 しかしこれといった店がないので、石山寺まで行って門前にあるであろう食堂に入ることにした。探し当てた店の中は混み合っていて、しばらく待って席についた。
 注文したのは天ぷらそば。まずますの味に満足する。

第36回歌を歩く・石山寺 016.jpg
写真・門前の食堂で天ぷらそば
第36回歌を歩く・石山寺 010.jpg
写真・食堂の軒下にはツバメの姿も

 満腹になったところで、いよいよ寺へ入る。入山料が600円。「にゅうざんりょう」であって、「いりやまりょう」ではない。本堂や多宝塔、毘沙門堂などを見ながら瀬田川、そこに架かる瀬田の唐橋をバックに記念撮影。

第36回歌を歩く・石山寺 8.jpg
第36回歌を歩く・石山寺 015.jpg
写真・たくさんの人が詰めかけていた本堂
第36回歌を歩く・石山寺 7.jpg
写真・紫式部の源氏の間を再現

 本堂には今から千年前に紫式部が「源氏物語」を書いた源氏の間を再現して見せてくれている人気のコーナーもあった。

 平安の昔は観光客もいないから、もっともっと静かで物語を書くには良い環境であったのであろう。

第36回歌を歩く・石山寺 9.jpg
第36回歌を歩く・石山寺 014.jpg
第36回歌を歩く・石山寺 6.jpg
写真・境内には巨木も数多く見られた
第36回歌を歩く・石山寺 5.jpg
写真・瀬田川をバック

 参拝の後、再びJR石山駅を目指したが、今度は「市街地のSカーブを走る京阪電車に乗る」といった提案もあって、わずか2駅であるが電車に乗った。

第36回歌を歩く・石山寺 3.jpg
第36回歌を歩く・石山寺 2.jpg
写真・乗ったのは去年劇場公開されたアニメ映画「響け!ユーフォニアム」のラッピング車両であった
第36回歌を歩く・石山寺.jpg
写真・石山駅近くの市街地を走る京阪石山坂本線の車内から
第36回歌を歩く・石山寺 4.jpg
写真・水分補給は忘れないようにね~

 
※次回は6月23日に決定。行き先は成世昌平さんの「三十石船哀歌」をテーマに、大阪・枚方から京都・伏見を目指して歩きます。








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2