SSブログ

エクシング、大阪でもJOYSOUND X1シリーズの新モデルをお披露目 [新製品]

◆ジョイサウンドのブランドで知られる通信カラオケのエクシング(本社・名古屋市瑞穂区、水谷靖社長)は2024年5月22日に発表して、今夏に発売を予定しているナイト市場に向けての新機種「JOYSOUND X1」(JS-NX10)の発表展示会を28日、大阪市内のホテルで開いた。

エクシング新商品発表会.jpg
写真・新機種の説明をする係員(ウエスティンホテル大阪で)


 カラオケパブ・スナックなどのナイト市場に特化した業務用通信カラオケの新機種で、高感度でクリアな音質で歌いやすさを向上させ、臨場感と歌い心地の良さを実現したという。
 それを可能したのはデジタルコンデンサーマイクやハイレゾ対応の最新パワーアンプを採用したことにある。

 新搭載のカラオケ専用生音源「X-LebenⅡ」では、31万曲以上の豊富な楽曲を搭載したほか、日本フィルハーモニー交響楽団の世界的奏者の演奏を音源化している。

 オプションの「RecTV forJOYSOUND」を利用すると、レコチョク提供の公式ミュージックビデオやライブ映像4万3000曲以上が見放題で、プレイリスト機能を使うと演歌・歌謡曲や90年代のヒット曲、アニメソングなどの楽曲を連続再生出来る。

 歌うだけでなくスマートフォンにつなげるだけで、「早押しクイズ」コミュニケーションゲーム「マーダーミステリー」や人気の「人狼ゲーム」などナイトシーンを盛り上げるコンテンツも盛り込んでいる。

 大雨の悪天候にも関わらず、大阪会場には200人を上回る特約店やカラオケ店などの人たちが訪れて、よりクリアになった音質を実際ににカラオケを歌って確かめていた。
 また、東京・大阪で同じ歌唱空間を共有出来ることも実演して見せていた。

 展示会はきょう29日に名古屋市で開催されるほか仙台、札幌、福岡でも順に行われる。








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2