So-net無料ブログ作成

「ホテル」の立花淳一、大阪・心斎橋でスペシャルディナーショー  内田あかりがゲスト [イベント]

「ホテル」(1984年、テイチク)が80万枚のヒット曲になったことでも知られる歌手、立花淳一が2017年12月5日、大阪市中央区のホテル日航大阪で「立花淳一スペシャルディナショー」を開き、オリジナル曲やカバー曲19曲を聴かせた。豪華な景品が用意された抽選会もあって集まったファンを楽しませていた。ゲストには11月に新曲「ホテル・サンセット」を出したばかりの日本クラウンの歌手、内田あかりが出演して<淳ちゃん>と親しみを込めて呼ぶ立花へエールを送っていた。

立花淳一・内田あかり.jpg
内田あかりを特別ゲストに迎えての立花淳一のスペシャルディナーショー
(大阪心斎橋・ホテル日航大阪)


 この時期、毎年恒例となっている。オープニングは期待通りの「ホテル」で、会場奥から登場する演出。続いて夫婦演歌「俺の花」(1998年)や「ホテル」の後にテイチクから出した「雪桜」(1986年)などのオリジナルを披露。
 また、細川たかしの「北岳」前川清の「雪列車」福田こうへいの「北の出世船」や韓国メロディーなどをカバーした立花は「来年は今年よりも良い年になりそうです」と話していた。

立花淳一.jpg内田あかり.jpg
得意のムード演歌を歌う立花淳一(左)と
新曲「ホテル・サンセット」を披露する内田あかり

 スペシャルゲストとして出演した内田あかりは、新曲「ホテル・サンセット」を歌うとともに、山下達郎の「クリスマス・イブ」などカバー曲も5曲を披露していた。今夏、70歳を迎えた内田は「今、歌うのが楽しくなってきました」と、ますますの意欲をみなぎらせていた。

 会場には作詞・作曲家の中村泰士、歌手の生駒尚子(ホリデージャパン)らの姿も見られた。

立花淳一・内田あかり・中村泰士.jpg
祝いに駆け付けた中村泰士(右)と話す立花(中央)と内田






nice!(6) 
共通テーマ:音楽