So-net無料ブログ作成

ペギー葉山(キングレコード)、2年半ぶりに新曲 五木寛之作詞の「夜明けのメロディー」 きょう発売 4月には大阪でもコンサート [新譜]

◆ペギー葉山が2年半ぶりに新作シングル「夜明けのメロディー」を、1月27日から発売した。作家五木寛之の作詞、演歌の弦哲也の作曲という取り合わせのほか、NHKラジオの人気番組「ラジオ深夜便」の1月から3月までの深夜便のうたとして流れている。
 4月には大阪サンケイホールブリーゼでコンサートも予定しており、今年は一気にペギー葉山ブームが再燃しかねない、そんな爽やかな新曲だ。

ペギー葉山.jpg

 かつてはこんな音楽がラジオやテレビにいっぱい流れていたような気がする。「大人が口ずさめる大人の愛の歌」(キングレコード)と言われるように、夜、昔を思い起こして、1人で静かに聴くのがいい。
 カップリングの「目が覚めたら」は1人で聴くのもよし、皆で歌っても楽しいだろう。

 コンサート「ペギー葉山コンサート2010」は、4月10日の千葉・松戸市民会館を皮切りに、同16日に大阪、同25日には東京・中野ZEROホール、そして6月26日には同・上野文化会館で予定されている。

 キングレコードでは「幅広い世代のファンを魅了する国民的歌謡曲」として、拡販に向けて意欲的だ。

 「目が覚めたら」は、作詞が井上陽水で、作曲は井上と平井夏美、編曲が星勝。いかにも揚水ソングといった曲調がいい。嫌なことがいっぱいの今の社会の中にあって、こんなすがすがしい楽曲と声が響き渡ると、きっと世の中も明るくなることだろう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。