SSブログ
イベント ブログトップ
前の20件 | -

林田夏美、中山京丹後市長を表敬訪問  オリジナル曲「丹後半島」をアピール [イベント]

◆京都・丹後を歌い続ける歌手の林田夏美が2022年5月2日、京都府京丹後市の中山泰市長を訪ね、最新曲「丹後半島」をアピールすると共に、街の人たちにも歌がたくさん歌われるようになれば嬉しいーと話した。

中山泰市長と林田夏美.jpg
中山京丹後市長(左)と林田夏美


 林田夏美「丹後半島」は、2021年6月にインディーズレーベルで発売したが、3ヶ月で完売するという人気ぶり。沖縄や北海道では勝手連ファンクラブが組織されるほど。台湾からも熱烈なメッセージが寄せられている。
 歌が出来上がって、発売前に林田は歌に登場する屏風岩の見学に訪れている。その姿に感動して帰ってすぐに得意の絵に描き残して、作品のポスターとして利用している。

 市庁舎を訪れた林田に中山市長は「丹後半島は“感動半島”です。(この歌が契機になって)丹後にさらに多くの人が来てくれるといいです。丹後専属歌手として頑張ってもらいたい」とエールを送ると、林田は「沢山の丹後の人に聴いてもらいたいです」と応えていた。

中山泰市長と林田夏美 会談.jpg
丹後の専属歌手にと勧められた林田(右)

 中山市長は62歳で、年齢的には演歌世代であるが、「このところ演歌を聴く機会が少なくなっています」と残念そう。それだけに「(市内でも)『丹後半島』のPRをしないといけないね」と答え「各地にあるという屏風岩を歌詞に盛り込んだ、丹後の新曲も面白いですね」と提案していた。

※写真・記事の無断使用はお断りします。








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

山西アカリ、6.29にソロデビュー 和歌山・有田市出身  水雲–MIZMO–の元メインボーカルのAKANE [イベント]

◆和歌山県有田市出身で昨年9月に解散した水雲–MIZMO–のメインボーカルのAKANE(31歳)が、山西アカリの名前で2022年6月29日に、徳間ジャパンコミュニケーションズからソロデビューする。5月12日に東京都内でデビューコンベンションを開いた。

山西アカリ.jpg
ブッシュなみかんのように「拝啓 みかんの里」を歌う山西アカリ


 ソロデビュー曲は、有田みかんの産地として知られる出身地有田市にちなんで「拝啓 みかんの里」(作詞・岸快生、作曲・水森英夫、編曲・伊戸のりお)。
 10年前に水森英夫の門下生になるために上京して、故郷の両親を想いながら歌の修行に励んだ自身の心のうちを歌った、王道の演歌に仕上がっている。

 カップリング曲は「ネオンしぐれ」(作詞・岸快生、作曲・水森英夫、編曲・伊戸のりお)。水森は「いかにも売れそうな曲を作った」と話している。

 22歳で上京して今年で10年目の山西は、横浜マラソンを走ったあとで水森のレッスンを受けたり、毎日2キロを泳いでレッスンに励んでいるという努力家である。
 また「絵を描く事も得意で、子供の頃は少女漫画ばかり読んで、漫画家になるのが夢だった」とも。
芸名の山西アカリは、「歌で人の心に明かりを灯す」という意味を込めてのもの。

 10年間の修行時代を見てきた師匠である水森は「童謡の中で最も売れたレコード売れたという『みかんの花咲く丘』があるように、演歌でもみかんの歌もありと思い、こういう歌ができました。文句も言わずに10年良く辛抱しました」と、彼女のデビューを祝っている。

 山西は2007年に地元有田市で開かれたNHK「のど自慢」で優勝し、その年のグランドチャンピオン大会に出場。13年4月にソロ歌手を目指して水森の門下に入門した。
 17年には水雲–MIZMO–のボーカルのピンチヒッターとして起用されて、徳間ジャパンコミュニケーションズから歌手デビューしている。

 山西は「子供の頃に遊んだ故郷のみかん山を思い浮かべながら歌っています。みかんのようにフレッシュにエネルギーいっぱいに頑張ります。1人で上京した時、心配してくれていた両親をはじめ地元の人たちも喜んでくれています。水雲時代に得た思いやりの気持ちをこれからの糧にして、財産で宝として活かしていきたいです」と話している。

※写真・記事の無断使用はお断りします。


[山西アカリ オフィシャルサイト]
https://yamanishi-akari.bitfan.id/
[山西アカリ 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
https://www.tkma.co.jp/enka_top/yamanishi-akari.html








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

松浦ゆみ(ウェブクウ)、CMソングや美空ひばりをカバーで楽しませた [イベント]

◆嵐のような風雨の中で大阪・港区弁天連合振興町会主催の「弁天まつり」が2022年4月29日、同区の大阪ベイタワーアトリウム2階で行われ、歌手松浦ゆみのミニライブも開かれた。


09B07F21-B722-4E63-A248-2DE7A5D56FCE.jpeg
松浦ゆみ

 一般の人たちによるコーラス、大正琴、フラダンス、カラオケなどの披露に続いて行われたミニライブで松浦は、ヒット曲「涙のラブバラード」に続いて、港区市岡の生まれの桂文枝が作詞したオリジナル曲「もう一度」を歌った。

 弁天まつりではオリジナル曲の歌唱を減らして、誰にも馴染みのあるカバー曲を増やして観客サービス。
 恒例となった美空ひばりのカバー集では、「人生一路」などを披露した。最後は「どうもありがと〜う」と美空を真似てあいさつ。
 坂本冬美の「あばれ太鼓」も歌った。

 また「ふりむかないで」(ハニー・ナイツ)「ウイスキーがお好きでしょ」(石川さゆり)「いい日旅立ち」(山口百恵)「レナウンワンサカ娘」(弘田三枝子)など、コマーシャルソングもメドレーして集まった人たちを楽しませ松浦ゆみ(ウェブクウ)、CMソングや美空ひばりをカバーで楽しませた。

※写真・記事の無断使用はお断りします。







nice!(3) 

三田明が歌う「田能遺跡音頭」を聴いた 兵庫・尼崎の田能遺跡資料館 第17回歌を歩く [イベント]

◆歌の舞台を歩く「歌を歩く」の第17回目は、三田明が歌った「田能遺跡音頭」を訪ねるウォーキングであった。ゴールデンウィーク2日目の2022年4月30日、歌を歩くの一行は阪急電車の園田駅(兵庫県尼崎市)に降りた=写真。

阪急・園田駅.jpg
阪急園田駅前に集合したメンバー


 まずは園田競馬場を目指して歩く。そのそばを流れる猪名川の土手は「桜づつみ」と名付けられた桜並木で知られているが、今は新緑の葉桜並木に姿を変えていた。
 しばらく歩くと川向こうに「田能資料館」と看板を掲げた茶色い建物が見えてきた。この資料館の一帯が田能遺跡であることはすぐに分かった。

猪名川桜づつみ.jpg
桜づつみを歩く

 弥生時代の田能遺跡は1965(昭和40)年に、尼崎・伊丹・西宮の三市共同による工業用水道園田配水場の工事現場から発見されたものである。
 市民たちの手によって保存活動が進められ、その遺跡公園内には復元された竪穴式住居が2棟建っており、自由に中に入ることが出来る。
 あと高床式の建物が1棟あるが、今は修復工事中のようであった。

田能資料館正面玄関.jpg
田能資料館
田能遺跡公園.jpg
田能遺跡公園

 資料館には発掘された人骨や土器、甕などが展示されているほか、田能遺跡について詳しい解説がされていた。
 ここには地元の小学校の生徒や散歩の途中で立ち寄る人たちなど、年間約3万人が訪れているという。

 ウキペディアによると、毎年11月には「田能遺跡まつり」か開かれているそうで、婦人会がその踊りを伝えているという。その祭りで歌われているのが「田能遺跡音頭」なのである。

田能移籍音頭を手にする酒井館長.jpg
田能遺跡音頭を説明する酒井館長

 歌は尼崎市が日本ビクターに制作を依頼してソノシート盤の「田能遺跡音頭」(作詞・森山清止、作曲・岡野正夫、編曲・中谷勝明)を作り、かつては希望者にソノシートを進呈していたという。
これを歌っているのは当時のアイドル歌手の三田明である。資料館の酒井館長にそれを聴くことは出来るのか、と尋ねてみた。

田能遺跡音頭ソノシート.jpg
田能遺跡音頭のソノシート

 パソコンの中に音源が保存されていたので再生してもらった。確かに三田明の声であった。
♫ た~のぉよ~いよい、た~のぉよ~いとこ 〜 と歌われていたのである。

田能資料館.jpg
田能資料館前で勢ぞろいのメンバー

 歴史的には価値のある遺跡であるが、今までその存在すら知らなかった我々にとっては、当時人気絶頂だった三田明が、このような歌を歌っていたことは驚きであった。
(続く)

※記事・写真の無断使用はお断りします。








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

みやま健二(テイチクエンタテインメント) 第8回You遊ライブコンサートin埼玉に出演 [イベント]

◆歌手みやま健二が2022年4月4日、埼玉県さいたま市の埼玉会館ホールで行われた「第8回You遊ライブコンサートin埼玉」に出演した。4月にはKBS京都などで放送中の「ミュージックシャワー」の収録にもゲスト出演している。

第8回You遊ライブコンサートin埼玉 桂竜士.png
You遊ライブコンサートで桂竜士と

第8回You遊ライブコンサートin埼玉 小.png


 桂竜士と歌仲間と題して行われたYou遊ライブコンサートin埼玉には桂竜士(テイチクエンタテインメント)花咲ゆき美(日本クラウン)をはじめ12人の歌手が出演した。
 みやま健二は最新曲の「太鼓男祭り」などを歌って、「たくさんの歌い手の皆様とご一緒させて頂き、大勢のお客様に歌をお届けできました」と話していた。

ミュージック・シャワー.png
ミュージック・シャワーの収録で山崎ていじと

 4月12日には、6月放送のテレビ番組「ミュージック・シャワー」(とちぎテレビ 、ぎふチャン、KBS京都、歌謡ポップスチャンネル(CS)で、毎週月曜日午前8時30分~9時に放送)の収録にも出演している。
 裏通りのある小さな喫茶店ミュージック・シャワーにやって来るゲスト歌手と、マスター役の山崎ていじ(日本コロムビア)とアシスタントの谷ちえ子(ホリデージャパン)による楽しい話と歌で構成された30分番組。

デンファレ・八王子.png
カラオケ喫茶店のデンファレでの定期ライブ
フラワー.png
カラオケ喫茶店フラワーでのキャンペーン

 このほか4月には、8日に大阪府内のカラオケ喫茶店フラワーでキャンペーンを行い、19日に東京・八王子のカラオケ喫茶店デンファレで「定期ライブ」を開いている。


[みやま健二 オフィシャルサイト]
https://warakasu.jimdofree.com/
[みやま健二 テイチクエンタテインメント]
https://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/miyama/








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

パク・ジュニョンの「銀閣寺」の舞台を歩く 「第16回歌を歩く」 [イベント]

◆日本デビュー10年目になるパク・ジュニョンの12枚目のシングル「銀閣寺」が好評だという。リズミカルなロック調演歌が受けている。

銀閣寺 1.jpg
世界遺産にも登録されている銀閣寺


 リリースを発表した直後に彼は銀閣寺を訪ねたというが、「Music news jp」の企画イベント・「歌を歩く」でも、2022年3月19日に銀閣寺を訪ね歩いた事は、すでに書いた通りである。

 この日は雨が降り出しそうな空模様で、桜にはまだ少し早く、梅の花の頃であった。

銀閣寺 2.jpg
たくさんの観光客が訪れていた

 銀閣寺までは岡崎公園から哲学の道を経由して歩き通しであるから、拝観料500円を払ってまず直行したのはトイレであった。
 ここでは拝観コースを逆行する事は許されない。しかしトイレはコースの最終地にあるので、逆行の極みであり、拝観受付の係員に頭を下げてお許しをもらって駆け込んだのである。

 何しろ銀閣寺を創建したのは室町幕府の8代将軍足利義政というお偉いさんであるから、我々庶民は何をするにも許しをもらわねばならない。

 用が済めば入り口に戻って、定められたコースに従って歩く。金ピカの金閣寺と違って、こちらは質素な侘び寂びの世界であるから、庶民にとってはなじみ深い昭和の建物のようで落ち着く。

 歌の「銀閣寺」は、かつて愛した女性を思い出して「墨絵のような銀閣寺を1人訪ねる」といった男性を描いている。金閣寺が舞台では、決してこんな雰囲気にはならないのである。

パク・ジュニョン「銀閣寺」.jpg

 拝観コースを歩いていると、ぽつりぽつりと雨が落ちてきた。これがまた銀閣寺のイメージを高めてくれる。

 「銀閣寺」を歌うパク・ジュニョンは、こうした銀閣寺に魅せられたのか、「京都のファンツアーもやってみたい」と話しているほどである〈了〉

※写真・記事の無断使用はお断りします。








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

KANA(テイチクエンタテインメント) 6月12日に大阪でプレミアムコンサートツアー [イベント]

◆2021年11月にシングル「誰より愛しいひと / OSAKA 〜 夕暮れて 〜 」(作詞・冬弓ちひろ、作曲・小林宏和、編曲・佐藤和豊)を発売したKANAが、22年6月12日に、大阪・難波千日前のなんばグランド花月ビルにあるYES THEATERでコンサート「KANA プレミアム コンサートツアー 誰より愛しいひと」を開く。去年から始まった全国ツアーの一環で、3月27日の振替公演。生バンドでのコンサートは約2年ぶり。

KANA.jpg
KANA


 両A面という今作、大阪を舞台にした「OSAKA 〜 夕暮れて 〜」を収録した。
 好きだった人との思い出に浸る切ないラブバラードである。大阪の街にも沢山の思い出を持つ小林宏和が曲を書いた。KANAは「彼が作る音楽は美しくて、私よりもずっと女性的」と話すほど、大阪の新たなイメージを奏でる。

夕景.jpg
紅く燃える大阪の夕陽も捨てたもんじゃない

 昭和歌謡曲を聴いているようでもある。作詞家の冬弓ちひろは、久しぶりにやって来た暮れなずむ大阪の街を歩きながら、好きな人とかつて同じ夢を見ていた頃に想いを馳せる切ない物語を書いた。

 大阪をはじめ関西でもKANAのファン層は拡大しており、ライブ・コンサートの開催も増えている。新曲はそうしたファンに応える1曲でもある。

KANA・誰より愛しいひと.jpg

 コンサートのタイトルにもなっている「誰より愛しいひと」は、2015年に出した「永遠(とわ)の月」のその後をイメージしたラブソングである。「優しい陽だまりを連想させるようなバラード曲です」とKANA
 愛する人を失ったことに気持ちを落ち込ませ、人を愛する事にも臆病になっていた女性だが、新たな恋の予感が。大人のラブソングである。

 KANAは「多くの人に生で聴いてもらえるライブを、これからもたくさんやっていきたい。大阪にもやって来る機会が増えるでしょう」と話している。
 コンサートは開演が午後3時(開場・同2時30分)から。全席自由席で入場料は6千円。





※写真・記事の無断使用はお断りします。


[KANA オフィシャルサイト]
http://pre-pro.co.jp/talent/kana/
[KANA テイチクエンタテインメント]
https://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/kana/








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

千葉一夫、「さくら祭り」(兵庫・小野市)で新曲「出雲路ひとり」を披露 [イベント]

◆今年もキングレコードの歌手、千葉一夫をゲストに招いての「さくら祭り」が2022年4月3日、兵庫県小野市にある歌手小野和子の「カラオケスタジオふれあい」で開かれた。千葉は大好きだという出雲を歌った新曲の「出雲路ひとり」など9曲を歌った。

千葉一夫・小野和子.jpg
千葉一夫(左)と小野和子


 「デビューして42年になりますが、こんな明るい三連のリズムの作品を歌うのは初めてです」
 こう千葉一夫が話す出雲の名所が散りばめられた新曲「出雲路ひとり」は、自身が好きな土地だという出雲地方を歌にした作品で「以前から作って欲しいとお願いしていたけれど、それがやっと実現しました」というもの。

 しかも「40数年歌ってきて初めてのメジャー調の三連の明るい歌」だという。

千葉一夫 2.jpg

 今作の「出雲路ひとり」のCDには、津軽三味線を取り入れた「望郷津軽」「いつか再会(あえ)たら」の2曲がカップリング曲として収録されている。趣きが異なる3曲は、いずれも千葉のこだわりの楽曲である。

 しかも「いつかー」は、以前にもカップリング収録していたが、再度収録しなおした。ムード歌謡調で、彼の魅力を存分に発揮している、この楽曲は「声を作らなく、自然体で歌える、自分の作品の中でも最も好きなんです」と千葉。

千葉一夫 1.jpg

 また、コロナをきっかけに津軽三味線を習い始めており、「望郷津軽」の中で聴かせる。民謡「津軽山唄」が挿入されている。

 この日は「さくら祭り」に相応しく、前作の「さくら路」のほか、リクエストにも応えて歌った。
 「天守閣に登ると爽快な気分になる」という城巡りが趣味の千葉は、まずは「ふるさとは城下町」を聴かせた。次いで聴くものをホットさせてくれるワルツ調の歌で、千葉自身が好きなベスト3に入るという「明石海峡」も。

 また小野和子はオリジナル曲の「母娘三度笠」と、千葉とのデュエット曲「雨の奈良路」も歌った。

千葉一夫・小野和子 2.jpg
「雨の奈良路」をデュエットする千葉一夫と小野和子

 千葉はまた4月6日に、アルバム「千葉一夫 ベストセレクション2022」(2枚組)を発売する。
 これにはデビュー曲の「君に逢いたい」から、今作の「出雲路ひとり」まで26曲が収録されている。このうち次の14曲は自身のカップリング曲で、「これだけ多くのカップリング曲を収録したアルバムは今回初めてです」とのこと。

千葉一夫 3.jpg
カップリング曲にこだわりをみせる

 収録されているカップリング曲。
 「犬吠埼にて」「もう言わせない」「ふるさとは城下町」「再会橋(旅情津江の里)」「銚子漁港」「縁酒」「霧雨の宿」「戻り花」「まっぴらごめん」「東京浮舟」「深山のつばき」「明日に一歩また一歩」「望郷津軽」今回「出雲路ひとり」に再収録した「いつか再会(あえ)たら」

※写真・記事の無断使用はお断りします。





[千葉一夫 オフィシャルサイト]
http://www.a8k.jp/chiba_fc/
[千葉一夫 キングレコード]
https://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10093








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

小野和子(キングレコード)、4月3日に「さくら祭り」 千葉一夫がゲスト出演 [イベント]

◆歌手の小野和子が2022年4月3日、兵庫県小野市内の「カラオケスタジオふれあい」で、キングレコードの千葉一夫を招いて恒例の「さくら祭り」を開く。

小野和子 2.jpg
小野和子


 桜を見ながら歌と食事を楽しもうというもの。桜の頃に毎年開かれている。

 一般参加のカラオケのあと、小野和子がオリジナル曲を披露し、キングレコードの歌手、千葉一夫の歌謡ショーが行われる。
 千葉は新曲「出雲路ひとり」をはじめオリジナル曲を歌う。

 開演は午前11時で、終演は午後4時30分の予定。








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

多岐川舞子(日本コロムビア)、京都・南丹市文化観光大使に就任 [イベント]

◆日本コロムビアの歌手、多岐川舞子が出身地・京都府南丹市が2022年4月1日に新設した文化観光大使に、同日付けで就任することが決まった。

多岐川舞子.jpg
京都・南丹市の文化観光大使への就任が決定した多岐川舞子


 多岐川の文化観光大使への就任は、南丹市出身であることと、長年に渡って演歌歌手として活躍し幅広い人脈を築き、同市への貢献度も高いことから任命された。
 今回、多岐川のほかに相澤正久サンミュージックプロダクション社長(神奈川県出身)馬渕睦夫・元駐ウクライナ大使(南丹市出身)など8人が同時に文化観光大使の委嘱を受けることになった。

 南丹市文化観光大使は、産業振興・教育・文化・芸能・スポーツなどの分野で活躍する同市出身、またはゆかりのある個人、団体の中から選ばれた。委嘱期間は2年間。
 南丹市の歴史、文化・観光をはじめ、街の魅力を国内外に発信して南丹市の発展に努める。

 彼女は、高校を卒業するまで同市で暮らしながら、東京との間を往復して作曲家の市川昭介のレッスンを受けた。1989年にシングル「男灘」で歌手デビューし、96年~97年に発売したシングルは、3作連続でオリコン演歌チャート1位を獲得している。

多岐川舞子南丹市観光文化大使名刺.jpg
南丹市文化観光大使の名刺

 多岐川は就任に際して「心癒される美しい環境で伸び伸びと育ち、私の心や歌声に沢山の影響を頂いたと思っています。こんな時代だからこそ、故郷があることが有難いです。5月18日には新曲「挽夏の岬」を発売予定ですが、全国でのキャンペーンを通して、南丹市の魅力を全国の皆さんへアピールしていきます」と話している。

 南丹市は京都府中部の丹波地方に位置する。京都府第2の面積を持ち、人口3万1千人弱を擁している。

記事・写真の無断使用はお断りします。


[多岐川舞子 オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/maiko-takigawa/
[多岐川舞子 日本コロムビア]
https://columbia.jp/artist-info/maiko/








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

みやま健二(テイチクエンタテインメント)、東京で定期ライブ開催へ [イベント]

◆歌手みやま健二が東京・大阪の2拠点での活動を強化している。4月からは東京・八王子市内で定期ライブをスタートさせるほか、5月には恒例の「WARAKASUライブ」を東京と大阪で開く。

IMG_7633 (2).jpg
清水節子の「ひな祭りライブ」で歌うみやま健二


 定期ライブは毎月1回、八王子市内のカラオケ喫茶店で開く。1回目は4月19日午後7時からで、みやまの誕生日を祝うバースディーライブを兼ねた内容。ゲスト出演も予定されており、約1時間半のライブになる。

 みやまが所属するWARAKASUは、去年、東京事務所を開設しており、彼は八王子と埼玉県内を中心にカラオケ喫茶店への訪問を続けて、ファン作りにつなげている。
 定期ライブの開催もこうした活動の一環で、東京での〈みやま健二〉の名前の浸透を図る効果を狙っている。

 3月24日には、横浜市内のホテルで開かれた清水節子の「ひな祭りライブ」にサプライズ出演している。ひな祭りながら、会場はみやまやの威勢のいい歌声による「太鼓男祭り」で、一層賑やかに盛り上がっていた。

 今後のイベントも東京・大阪で目白押しだという。2022年5月7日には東京・八王子のいちょうホールで、WARAKASUライブ Vol.9が開かれる。
 出演するのは清水節子、桂竜士、入山アキ子、野上こうじ、小野寺陽介、美月優、幸田和也、高知東生、そしてWARAKASUからはみやま健二.木下結子.三浦潤が顔を揃える特別バージョン。

WARAKASUライブ Vol9.jpg

 5月29日には大阪・情熱ホールで第10回目のWARAKASUライブが開かれる。こちらはマドンナを招いて、WARAKASUメンバーが盛り上げるといった通常バージョン。
 そのマドンナには今回、長保有紀が選ばれている。それに小野寺陽介が特別出演し、WARAKASUからはみやま健二三浦潤が出演する。


[みやま健二 WARAKASU]
https://warakasu.jimdofree.com/%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%BE%E5%81%A5%E4%BA%8C/
[みやま健二 テイチクエンタテインメント]
https://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/miyama/








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

第16回歌を歩く、バク・ジュニョンの「銀閣寺」を歩く 平安神宮から哲学の道、そして銀閣へ  [イベント]

◆歌手パク・ジュニョン(キングレコード)が2022年3月9日に発売した「銀閣寺」の舞台となった、京都市左京区にある銀閣寺を「第16回歌を歩く」の目的地にした。

平安神宮.jpg
平安神宮の前に立つ今回参加したメンバー


 「歌を歩く」は、歌の舞台となった所を訪ね歩くウオーキング会である。1昨年7月に第1回目を行ってから、今回で16回目となる。

 銀閣寺は正式名を東山慈照禅寺(銀閣)という禅寺である。1490年に室町幕府の8代将軍足利義政の創建であるが、義政は造営が終わった1ヶ月前に亡くなっている。完成した姿を見ていなかったのである。これは教科書には載っていなかった。ような気がする。
 金閣寺の外壁が金箔で覆われた金ピカなのに対して、銀閣寺は黒漆で質素な感じがする。歌謡曲・演歌の舞台には金閣よりも銀閣のほうが、やはりピッタリときそうである。

丸窓の観光列車・京とれいん雅洛.jpg
丸窓の車両が浪漫を感じさせる

 その銀閣には、まず金閣へ行き近くの北野天満宮で銀閣まで足を運ぶ予定であった。帰りは哲学の道から平安神宮を経て、京阪電車で大阪へ戻ろうといういう計画であった。

 ところがそれは大きく変更することになる。今回、阪急電車の大阪梅田駅で待ち合わせしたメンバーは、午前9時40分発の特急電車に乗ろうとしたのだが、隣のホームに停まっていた観光列車「京とれいん雅洛」という快速特急に急きょ飛び乗ったのである。

 この特急車両は1両ごとに車内の装飾やシート配列も全てが異なる特殊車両である。1部の車両には丸窓もあって、大正浪漫を感じさせる。ゆったりとしたシートボックスには、背もたれや座席に畳表が張られている。何もかもが通常の特急車両とは別格なのである。

16回歌を歩く出発.jpg
スタートは阪急・四条河原町となった

 もちろん乗り心地は快適で。降りるはずの桂駅を飛び越すことにしたのである。
 終点の河原町で降りるとなると、最初の訪問地は平安神宮になる。そこから哲学の道を歩いて銀閣寺へと向かうことのにした。
(続く)

写真・記事の無断使用はお断りします。








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

第3回なにわ繁盛娘歌謡ショー、小島・吉野・水木・中村が新世界・シアター朝日でオリジナル曲などを披露  ゲストにおおい大輔・竜小太郎 [イベント]

◆大阪・新世界の劇場「シアター朝日」の開館5周年を祝う「第3回なにわ繁盛娘歌謡ショー」が、2022年3月20日、大阪市浪速区のシアター朝日で、昼・夜2公演が行われた。

なにわ繁盛娘.jpg
なにわ繁盛娘


 出演したのはシアター朝日を拠点に活動する小島さち、吉野悦世、水木ケイ、中村美優〈なにわ繁盛娘〉と特別ゲストのおおい大輔と大衆演劇の竜小太郎の6人。

おおい大輔.jpgおおい大輔 2.jpg
おおい大輔

竜小太郎 2.jpg竜小太郎.jpg
竜小太郎

 会場のシアター朝日は、2016年に映画館・旧新世界日活から、音楽・歌謡ショーの劇場として生まれ変わって、今年が6年目になる。
 5周年記念イベントは去年実施する予定であったが、新型コロナの影響を受けて延期されていた。

小島さち.jpg小島さち 2.jpg
小島さち

吉野悦世 2.jpg吉野悦世.jpg
吉野悦世

 休憩をはさんで1部2部に分けて行われた歌謡ショーは、1部で出演者それぞれが1曲ずつカバー曲を歌って、先ずは挨拶。

吉野悦世・中村美優.jpg
「め組の女」を歌う吉野悦世・中村美優

小島さち・水木ケイ.jpg
「アルデバラン」を歌う小島さち・水木ケイ

 2部ではオリジナル曲中心に歌った。
 吉野は「犬山どんでん祭りうた」中村は「間宮海峡〜林蔵の恋〜」水木は「未練船」小島は「女傑〜薩摩の娘(おごじょ)」など、2曲ずつ。

水木ケイ.jpg水木ケイ 2.jpg
水木ケイ

中村美優 3.jpg中村美優.jpg
中村美優

 おおい大輔は新曲の「あゝ染みるぜ」のほか、小気味いいテンポの「男と女」人生演歌の「昭和時代の忘れ物」など4曲を歌った。
 竜小太郎は歌手デビュー25周年記念曲「どんでん返し」など3曲を聴かせた。

第3回なにわ繁盛娘歌謡ショー.jpg
全員で「大阪ラプソディー」

 最後は出演者全員で「大阪ラプソディ」を歌ってショーを終えた。

※記事・写真の無断使用はお断りします。










nice!(3) 
共通テーマ:音楽

中村美優 憧れのミヤコ瓢箪山店で初キャンペーン [イベント]

◆ミヤコさんで歌いたい、と夢にまで見てきたんですー。24歳の期待の新人歌手、中村美優(エイフォース・エンタテイメント)が2022年3月9日、東大阪市のCDショップ、ミヤコ瓢箪山店でデビュー曲「間宮海峡〜林蔵の恋〜」の店頭キャンペーンを行い、カバー曲を含む6曲を歌った。

中村美優 3.jpg
昭和歌謡を歌うアイドルグループ出身の演歌歌手


 中村美優はデビュー前に昭和歌謡を歌うアイドルグループ「あさひめ」のメンバーとして、活動拠点の大阪・新世界の劇場「シアター朝日」がオープンした5年前から歌っていた。
 メンバーが減少したり、自身も「全国で名前を覚えてもらえる歌手になりたい」と、コロナ下の21年1月に「間宮海峡〜林蔵の恋〜」でソロデビューした。

中村美優 5.jpg
夢にまで見たというミヤコの店頭での歌唱キャンペーン

 彼女が初めて人前で歌ったのは中学の文化祭だったという。「とても気持ち良かった」のが病みつきになり、友人がオーディションに応募するなど、自然と各地で歌う機会が増えていった。
 そうした中での「あさひめ」への加入によって、本格的な歌手活動へ向けて動き始めることになった。

中村美優 7.jpg
中村美優 6.jpg
キャンペーンでは6曲を披露した 

 この日は「間宮海峡〜林蔵の恋〜」を2度歌ったほか、カップリングの「鷹になれ」も披露。さらに「浪花節だよ人生は」(細川たかし)「青春時代」(森田公一とトップギャラン)といったカバー曲も聴かせた。

 また「あさひめ」時代のオリジナル曲「朝日夢見し~あさひめ参上!」も歌って、 ♪ いっちょやったろう〜 と拳を上げて歌って、自身の目標への意欲と重ねていた。

中村美優 8.jpg
♪ いっちょやったろう〜 と拳を上げて歌う

 念願の店頭キャンペーンで中村は「デビュー曲も発売してから1年余りが経ちます。いつものイベントよりもカメラが多くて、ちょっと緊張しました」と話していた。




※記事・写真の無断使用はお断りします。








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

「通天閣の子守唄」 冷コーが生きる新世界・通天閣  第15回歌を歩く [イベント]

「通天閣の子守唄」は、大月みやこさん(キングレコード)が、デビュー7年目の1970年に出したシングルレコードである。「歌を歩く」で通天閣を訪ねるのに際して、この歌をテーマ曲に選んだ。
 かつて大月さんへのインタビューで、この歌が好きだと言ったことがある。その後、大阪の新歌舞伎座でのコンサートで歌ってもらって感動したことがあるが、一般的にはあまり知られていない楽曲だろう。

大月みやこ.jpg
大月みやこさんのレコード「通天閣の子守唄」


 しかし金井美佐さんが書いた詞には ♪通天閣高い アメリカ見える  そんなもん嘘や 淡路島ぐらいや  いっぺん登ってみたい お金が高い~ とある。哀愁が漂いながらも、どことなく笑えるのである。今、通天閣の展望台に上がるには900円~1200円を支払わなければならず、今もやはり「高い」ことに変わりはない。
 真田丸跡を後にして、天王寺七坂で子供のように登り降りした「歌を歩く」のメンバーは、この後、歌の舞台となった通天閣がある新世界を目指した。

通天閣3.jpg
通天閣は今も昔も大阪の看板

 歌で背中に背負うのは弟か、それとも妹であろうか、お母ちゃんは死んでいない。働いているお父ちゃんの帰りを待って幼子に子守歌を聴かせているのはまだ小さな姉であろう。 時代は昭和。串カツが誕生したのは昭和4年、新世界であったとされている。しかも歌の3番では、♪ええ匂いしてる 串カツ5円~ と歌っているから、この歌の時代は恐らく戦前であろう。

通天閣2.jpg
通天閣の真下で見られる天井画

 現在では串カツの値段も上がって100円から200円といったところが平均的であろうが、新世界には今なお〈昭和〉の空気が漂っているのである。

喫茶店.jpg
昭和なメニューが揃っている喫茶店

 通天閣からさほど遠くない所に1軒の喫茶店がある。店の窓ガラスには、今では死語になってしまった「冷コー」「レスカ」といった懐かしい文字が書かれた張り紙が見られる。それに釣られるように店に入った。

クリームソーダ―.jpg
懐かしいクリーソー(クリームソーダ―)

 Sさんはレスカを頼んで酸っぱさに顔を歪めていたが、僕はクリームソーダを注文した。もちろん昭和風に言えば「クリソーひとつ」なのである。(了)








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

歌に見る歴史の旅と高低差を楽しむ天王寺七坂巡り [イベント]

◆歌の舞台を訪ね歩く「第15回歌を歩く」は、大阪市内中央部に位置する上町台地が作る高低差を体験すると共に、奇しくも真田丸跡など真田幸村の奮戦の跡をたどる歴史の旅ともなった。

安居神社の桜.jpg
安居神社の桜


 上町台地には天王寺七坂(なにわ七坂)と呼ばれる七つの坂がある。北から真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂がそれである。真田丸跡から通天閣へ向かう途中、松屋町筋と谷町筋を結ぶようにこれらの坂がある。

源聖寺坂.jpg
源聖寺坂
口縄坂.jpg
口縄坂 2.jpg
口縄坂

 この日は源聖寺坂だけを体験しようと計画していたのであるが、近くにある口縄坂、愛染坂、清水坂を順に上り下りすることになった。中でも口縄坂は初めて歩いたが、坂を見下ろすとまるで蛇(くちなわ)のような姿であることから、口縄(くちなわ)坂といった名が付いたという。

愛染坂.jpg
愛染坂
愛染堂の多宝塔.jpg
愛染堂の国の重要文化財の多宝塔
清水坂.jpg
清水坂、ここは木下結子さん(ホリデージャパン)の「泣いてもええやろ」のMVが撮影された場所のひとつである
清水寺ハルカス.jpg
清水寺の舞台から見たハルカス

 台地の上は夕陽丘と呼ばれ、大阪市内屈指の名所であり、その名の通りに美しい夕陽を見ることができる。あいにく夕陽の時間には早く、それを見ることはかなわなかった。

心眼寺坂.jpg
心眼寺坂

 七坂とは無縁ではあるが、真田丸跡にも向かいの寺の名前から取った心眼寺坂がある。真田丸跡の顕彰碑がある明星学園グラウンドと心眼寺の間の道路がそれで、かなりの勾配がある。

心眼寺坂 2.jpg
心眼寺坂の高低差

 上町台地の地形を生かした真田丸は、出城として絶好の地に作られたようである。背後には幅200メートルもの谷が存在し、守るには絶好の砦であったといえる。
 真田幸村はこの地形を存分に生かして奮戦したのであり、それが今なお多くの人たちにとって、ヒーローとしてあり続けるのであろう。

 ところで今回、テーマ楽曲に取り上げた三笠優子さん(キングレコード)の「おんな真田丸」は2016年に、NHK大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせて発売されている。
 長野・上田市の上田城が歌の舞台になっているが、ドラマでは大阪城の出城である真田丸が舞台となった。
 「第15回歌を歩く」でも、この大阪明星学園グラウド一帯にあったとされる真田丸を取り上げた。
(続く)








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

「第15回歌を歩く」 奮戦真田幸村を歩く [イベント]

◆快晴の空の下、大阪市天王寺区餌差町にある真田丸跡から同市浪速区・新世界の通天閣を目指す「第15回歌を歩く」が2022年2月27日に行われました。第1回を一昨年7月に行って以来、演歌・歌謡曲の舞台となった京阪神各地の歴史を訪ねながら歩いています。

真田丸顕彰碑.jpg
真田丸顕彰碑


 参加したのは歌を歩くのメンバーのうち7人。大阪環状線のJR玉造駅に集合して、午前10時20分、まずは今回のテーマ曲に取り上げた三笠優子さん(キングレコード)の「おんなの真田丸」(2016年)に登場してくる真田丸を目指すことにしました。
 「おんなの真田丸」の舞台になっているのは、正確には信州・上田なのですが、今回は敢えて最も知られた大阪の真田丸跡を訪ねることにしたのです。

JR玉造駅.jpg
出発前の玉造駅

 それは、今、明星学園の敷地となっているあたりに存在したことが分かっています。金網が張り巡らされたグラウンドの横に、真田丸跡を示す石造りの顕彰碑が建っていました。それがこの一帯が大阪城の出城である真田丸があったことを伝えています。

心眼寺.jpg
心眼寺・真田幸村の墓

 真田丸の真田幸村たちは大阪冬の陣で大いに徳川勢を苦しめたようで、ここから南西へ1キロ余りの所にある上町6丁目のハイハイタウンには、「真田幸村緒戦勝利之碑」と書かれた石碑が建っています。

真田幸村緒戦勝利の碑.jpg
緒戦勝利の碑 写真右

 この勝利を示す石碑のすぐ近くにある「蛸八」の明石焼きはおススメであり、具は蛸以外に海老、明太子も選べるようになっています。明石焼きだけでなくたこ焼きもあります。一行は迷わずここで昼食をとることにしました。

明石焼き.jpg
明石焼きがおススメの蛸八

 真田丸跡を示す明星学園のグラウンド横の石碑の向かいには、山門の前が真っ黄色な菜の花で飾られた心眼寺があります。ここは幸村の墓があることでも知られており、その墓石の横には六文銭をあしらったのぼりまで建てられています。

安居神社.jpg
真田幸村討死の碑がある安居神社

 この後に向かった大阪市天王寺区の安居神社は、幸村が大阪夏の陣で討ち死にした場所とされており、そこからほど近い茶臼山に幸村は本陣を置いていました。境内には幸村討死の碑と幸村像が建っている。(続く)

写真・記事の無断使用はお断りします。






nice!(3) 
共通テーマ:音楽

三ツ屋亜美、私の名前と歌を覚えて! 「黄昏のカフェ」  奈良で歌唱キャンペーン [イベント]

◆毎月関西でメジャーデビュー曲「黄昏のカフェ」の歌唱キャンペーンを行なっている三ツ屋亜美(徳間ジャパンコミュニケーションズ)が、2022年2月22日、奈良県内のカラオケ喫茶店2店を訪ねて同曲をアピールした。

三ツ屋亜美 5.jpg三ツ屋亜美 3.jpg
関西でのファン作りに励む三ツ屋亜美


 まず訪ねたのは、のどかな風景が広がる奈良県北葛城郡上牧町の「カラオケスタジオ笑音」「黄昏のカフェ」のカップリング曲「熱海で逢えたら」を披露したのに続いて、先輩歌手の安倍理津子のヒット曲「愛のきずな」をカバーして、最後に20年7月に出した「黄昏のカフェ」を歌った。

三ツ屋亜美.jpg
カラオケスタジオ笑音で

 カップリング曲の舞台になっている熱海は、21年7月の豪雨の影響で伊豆山神社付近で大規模な土石流が発生し、大きな被害を被っている。今でも行方が分からない人がいるという。
 「この歌が少しでも皆さんの心を癒やすことになれば」と話し、熱海の美しい海辺の長浜海岸でプロモーションビデオ(PV)の撮影をしたほど。


 三ツ屋は7年間にわたってインディーズレーベルから出した1曲で活動してきたが、「黄昏のカフェ」で徳間ジャパンコミュニケーションズからメジャーデビュー。同時に芸名も三ツ屋亜美に変えた。
 2軒目の訪問先、同大和郡山市にある「カラオケ ミチ」でも、その「黄昏のカフェ」を歌い、「熱海で逢えたら」そしてカバー曲の「愛のきずな」を聴かせた。

三ツ屋亜美 4.jpg
カラオケ ミチで

 「メジャーデビューするまで7年もかかりましたが、デビュー曲は私にとって大切な1曲です。それだけに大切に歌っていきたい」
 と話しかけると、観客の中には日頃すでに歌っているといった人もあって、「ここはどのように歌えばいいの」と、三ツ屋にアドバイスを求めるシーンも見られた。

※写真・記事の無断使用はお断りします。


[三ツ屋亜美 オフィシャルサイト]
https://ami-mitsuya.com/
[三ツ屋亜美 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
https://www.tkma.co.jp/enka_top/Mitsuya-Ami.html








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

井上由美子、胸キュンな新曲「さくら雨」 大阪でキャンペーン [イベント]

◆キングレコードの歌手、井上由美子が、2022年2月11日、約2年ぶりに故郷である大阪に戻り、2月9日に発売したばかりの「さくら雨」の歌唱キャンペーンを、東大阪市のCDショップ、ミヤコ瓢箪山店で行った。

井上由美子 3.jpg
2年ぶりに元気な姿を見せた井上由美子


 久しぶりに戻ってきただけに、最初に歌ったのはやはり大阪を歌った、元気いっぱいの「うち好きやねん」。集まった人たちの顔を見て、井上は「皆んな元気そうで、ほっとしました」と語りかけた。

 新曲「さくら雨」は、過ぎ去った2人の恋を思ってみても、さくら雨が体を濡らすだけで、もうあの頃は戻ってこないーと、悲しく涙する女性を歌う。
 歌い終わって井上は「昭和を思い出すようなフォークタッチの歌謡曲で、胸がキュンとくる」と歌をアピールする。

井上由美子 2.jpg

 表題曲が桜なら、カップリング曲は「秋桜の街」とコスモスをモチーフにしている。メイン曲で降るのは春の雨なのに対して、こちらは秋の冷たい雨である。「ギターを弾きながら歌えるといいのですが」と、いずれも懐かしい曲調である。
 どちらも作詞が宮下康仁、作曲は弦哲也、編曲は猪股義周である。

 前作で去年3月に出した「オロロン海道」も歌った井上は、「この作品はコロナのために、聴いてもらえる機会はほとんどありませんでした。これからは新曲と一緒に大切に歌っていきます。次回はマスクのない顔を見られるのを楽しみにしています」と話した。


[井上由美子 オフィシャルサイト]
http://arder-jiro.co.jp/yumiko/
[井上由美子 キングレコード]
https://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=13792








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

三ツ屋亜美、地道に関西に通って3年目 今月 ヒットを胸に伊勢神宮参詣へ [イベント]

◆ラブバラード「黄昏のカフェ」で2020年7月に徳間ジャパンコミュニケーションズからメジャーデビューした三ツ屋亜美が2月23日、三重県伊勢市の伊勢神宮でデビュー3年目の飛躍を誓う。

三ツ屋亜美 4.jpg
3年目の飛躍を誓う三ツ屋亜美(KOBE流行歌ライブで)


 7年間のインディーズレーベルでの活動を経てメジャーデビューした三ツ屋はその直後から毎月、コロナ騒動の渦中を押して関西地区を訪れ、カラオケ喫茶店やCDショップでのキャンペーンを続けてきた。
 メインの活動拠点は東京であるが、ここまで関西にこだわるのは「今まで演歌・歌謡曲は関西からと言われてきた土地だけに、そこで名前を覚えてもらいたい」(三ツ屋)ため。

三ツ屋亜美.jpg三ツ屋亜美 2.jpg
1月の大阪・堺市内のカラオケスタジオ・シンフォニーでのキャンペーンで

 キャンペーンに同行しているCDショップも「これだけ熱心な人はほかに見たことがない」と感心している。

 この間には神戸市内で開かれている「KOBE流行歌ライブ」や大阪・住吉大社での「はったつさんうたまつり」などのイベントにも出演して、名前と歌を知ってもらおうと懸命である。

 神戸市でコーヒーの製造・販売を手掛ける企業と提携して、オリジナルのドリップ式コーヒーを自身のグッズとして作って人気を博すなど、アイディアマンでもある彼女は、バレンタインデーの2月14日には、創業102年になる東京都港区虎ノ門の松屋珈琲店で1日店長も行ったほど。

 初めてだという伊勢参りも、そうしたアイディアプロモーションの一貫。こうした活動を通して作ってきた関西のファンを集めて、今年は大阪で初めてのライブも開きたいとしている。

三ツ屋亜美 3.jpg

 三ツ屋は「ライブの開催へ向けて会場探しなど、準備を進めています。初めて行く伊勢神宮では、それらの成功を願ってお詣りをしてきます」と意欲をにじませている。

※写真・記事の無断使用はお断りします。


[三ツ屋亜美 オフィシャルサイト]
http://ami-mitsuya.com/#top
[三ツ屋亜美 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
https://www.tkma.co.jp/enka_top/Mitsuya-Ami.html








nice!(3) 
共通テーマ:音楽
前の20件 | - イベント ブログトップ