SSブログ

生駒尚子、10月からラジオ関西で初の番組開始 [ラジオ]

◆河内音頭の音頭取りで歌手の生駒尚子(徳間ジャパンコミュニケーションズ)が10月からラジオ関西で新番組「生駒尚子のガンバっ天然!」を始める。

生駒尚子のガンバっ天然! 2.jpg
10月から新番組を始める生駒尚子(左)


 何が飛び出すか分からない、何でもありの規格外な内容ー。「生駒尚子のガンバっ天然!」は、普段の生駒尚子をいっぱい感じてもらえるという。
 放送は毎週火曜日の午後9時45分から15分間。初回放送は10月4日で、このほど同局のスタジオで収録が行われた。

 1回目は彼女の自称サポーターたちが出演して、プロフィールなどを聞き出す。空手の有段者であることや、最近は糖質制限ダイエットで12キロも痩せたことも明かす。

 元々、父親の故・生駒一と共に音頭取りをしていた彼女が歌手になったきっかけは、「大阪・新世界の通天閣の地下で行われていた通天閣歌謡劇場に出演することになって、演歌を勉強したのが始まりだった」という。

生駒尚子・ラジオ関西.jpg
番組は毎週火曜日9時45分からです

 10月18日の3回目の放送では、そんな歌手生駒尚子について探る。
 たとえば憧れの歌手は?
 「天童よしみさんと生駒一」
 さすが浪花の歌手である。

 新世界は子供の頃、父親に連れられてジャンジャン横丁にあった劇場、新花月へ行っていたので馴染みはあったが、通天閣歌謡劇場への初出演はまだ20代だった。

 そこで初めて歌った曲はといった質問には「・・・忘れた!」。生駒尚子らしさをいっぱい感じられる、彼女のしゃべりと歌の楽しさ満載な番組である。

※写真・記事の無断使用はお断りします。


[生駒尚子 オフィシャルサイト]
https://ikoma-naoko.com/
[生駒尚子 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
https://www.tkma.co.jp/release_detail/TKCA-91379.html








nice!(3) 

中村秀香、ラジオ関西で自身の番組を収録 [ラジオ]

◆歌手中村秀香(ホリデージャパン)がラジオ関西(神戸市)で毎週日曜日午後8時45分から放送している「中村秀香の笑ろうておくれやす」の収録が2022年8月1日、同局のスタジオで行われた。

6FF7EEB5-D3EE-4122-9E2D-6E9E6F6ADD27.jpeg
中村秀香

 中村は5月25日に「大阪のれん」でホリデージャパンからデビューしたばかり。番組は毎回ゲスト歌手を迎えてトークや最新曲を紹介している。

 収録したのは8月14日と21日、28日に放送される3番組で、14日放送のゲストはデビュー曲「アカシア物語」が好調な氷室一哉(ホリデージャパン)。仕事先の岡山からの電話出演であった。

84545DE0-B2FC-4B39-9EAB-3DD70E87F0B0.jpeg
21日放送ののゲストはれいか(右)

 21日放送はれいか(日本クラウン)。自身の「貯金の好きな女」のカップリング曲「紅い月のアモーレ」を紹介し、これを作曲した同じ杉本眞人による新曲を来年発売する準備をしている事も。
 11月19日には神戸芸術センター(神戸市)で開かれる「すぎもとまさとと4人の歌姫コンサート」に出演する。

AFF878B1-34AD-4C99-B095-11E161F708CA.jpeg
28日のゲスト坂崎守寛(左)と

 28日放送は坂崎守寛(キングレコード)さんがゲスト。どっこいの掛け声で知られている「浪花の若大将」を歌う坂崎に、中村の「この歌を聴くとスカッとします」と感想。坂崎も「身内と喋っているようで、楽しかったです」。









nice!(2) 

五条哲也、「Saori 夏ちゃんの はるいろいろいろ」でタジタジ  FM845] [ラジオ]

◆毎週金曜日午後4時からFM845で放送されている「Saori 夏ちゃんの はるいろいろいろ」の6月24日放送の番組に、日本クラウンの歌手五条哲也が出演し、このところキャンペーンやイベントが増え、忙しくなってきたと話していた。

33808B6C-5CB0-450E-A2AF-E69F9BBD0B93.jpeg
生放送で新曲「大阪グッバイ」をアピール

 Saori、夏ちゃんこと林田夏美の2人はいずれも兵庫県在住の歌手。放送日の前日が林田が3年前に「丹後・但馬〜未練旅」でデビューした記念日だったという。
 その林田は、インディーズレーベルでのCD発売ながら、コミュニティFMとインターネットだけで北海道から沖縄、さらに台湾まで熱烈なファン組織が出来上がるほどの人気ぶり。

 そんな活躍に五条哲也は「この番組の大ファンになりました」と、只々驚きの顔。
 五条は京都市出身。「岩壁の母」や「涙の操」が好きだった祖母の影響で歌手になった。「子供の頃からハスキーな声で、今でも低音が出せる歌い手さんが羨ましい」と話すほど。

 5月に出した新曲「大阪グッバイ」は、高音が響き渡る五条らしいところが魅力とか。「軽い感じで歌うといいですね。低音のシブいところを上手く出せるといいのですが、それが出ない」と嘆く。

 自粛気味だったイベントも、今月10日には東大阪市のホテルセイリュウで新曲発表会を、8月21日にはホテルルビノ京都堀川で北川大介・幸田和也・大林幸二らと歌謡ショー「男まつり」に出演するという。

 Saoriと林田の楽しい会話にはさまれて、五条は終始タジタジ気味であったが、「楽しかったです」と話していた。








nice!(3) 

中村美優(エイフォース・エンタテイメント)、「福島はじめのハピネス歌謡曲」を収録 [ラジオ]

◆毎週月曜日21時15分からラジオ関西で放送中の「福島はじめのハピネス歌謡曲」に、歌手中村美優が出演する。2022年4月19日、その収録が行われた。

中村美優・福島はじめのハピネス歌謡曲.jpg
福島はじめと中村美優(左)


 中村は昭和歌謡を歌うアイドルユニット「あさひめ」で活動していたが、21年1月に「間宮海峡~林蔵の恋~」でソロデビュー。番組には初出演である。

 収録では、パーソナリティを努める福島はじめ(日本クラウン)が、番組のテーマでもある「福」にちなんで、ハピネスなエピソードを質問。
 中村は「この前、大阪・天王寺にある小学校居酒屋6年4組というお店に行ったんですが、500円でオヤツ食べ放題なんです。しかも買った駄菓子には当たり・ハズレがあって、手にした大好きな”モロッコヨーグル”など、2回も当たりを引いたんですよ」と、最高の「福」に思わずニンマリだったとか。

 この店はジュースはメスシリンダーに入っていたり、サラダのドレッシングは注射器でかけるといった具合に、どれも風変わりな趣向が凝らされており「幸せ感満載でした」と中村。

 デビュー曲「間宮海峡~林蔵の恋~」は、駄菓子の当たりに小躍りする24歳の中村には、ちょっと背伸びをした男歌であるが、徐々にファン層も拡大している。
 福島からは、デビュー以前から演歌を歌っていたのーと尋ねられると、中村は「Jポップを歌っていたんですが、『あさひめ』を結成してからは昭和歌謡に転向。演歌はまだまだ勉強中」だとか。

 リスナーにメッセージを、と福島に促されると「これからも新曲を精一杯歌っていきます。応援よろしく」と呼びかけていた。
 収録した番組は5月30日に放送される予定。ちなみにこの日は「ゴミゼロの日」だとか。




※写真・記事の無断使用はお断りします。


[中村美優]
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011552929426
[福島はじめ]
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009701581699








nice!(2) 
共通テーマ:音楽

歌手MOKKEIネットラジオ番組がランキング2位  「Music news jp」の編集長を紹介 [ラジオ]

◆音楽情報サイト「Music news jp」の編集長でライターの曽崎重之を紹介して、2022年2月17日に放送されたインターネットラジオ「ホンマルラジオ美遊空間四国」(松山市)のインタビュー番組「木鶏から〜あなたへ愛のおくりもの」https://honmaru-radio.com/biyuukuukan_mainichi20220217/ =が、同局のエンタメ部門番組の週間アクセス数ランキングで第2位に入った。番組は3月16日まで公開中。
65D0C3DA-6797-40FA-AFB9-E02A23923BDA.jpeg

 ホンマルラジオは2018年に設立されたホンマルブロードキャスティング(本部・松山市、中村隆代表取締役会長)が運営しており、北海道から沖縄まで全国に80近い地方局を擁して、各局で独自の番組作りを行なっている。

 「木鶏から〜あなたへ愛のおくりもの」は、京都市在住の歌手で去年11月に「赤い花が咲いたら」(作詞・作曲伊藤雪彦)を日本クラウンから出したMOKKEIさんが、木鶏の名前でインタビュアーをしたものを毎月17日に放送している。

 2月17日に放送された番組は曽崎重之の経歴・プロフィールや仕事への取り組み姿勢などを中心に紹介したもので、1月に大阪市内で収録されたもの。

 ランキングは全国のホンマルラジオが作るエンタメ部門の全番組の中で、2月15日から21日までのアクセス数が多かった順位。
 MOKKEI(木鶏)さんがインタビューしてきた12回のインタビューの中では最高位になる。

 MOKKEIさんは「携帯電話でレポートを書いて送ったり動画を撮影して、それをインターネットで送るなどは今まで全く出来ませんでした。もちろんインタビューなんか初めての体験でした。この1年でなんとかこなせるようになりました」と、チャレンジすることの面白さを語っていました。


【ホンマルラジオ】
https://honmaru-radio.com/biyuukuukan_mainichi20220217/








nice!(3) 

FM845新番組「Saori 夏っちゃんのはるいろ・いろいろ」がスタート  デビュー2年目の林田夏美に台湾の熱烈ファン、タカラジェンヌを夢見たSaori [ラジオ]

◆京都のコミュニティFMラジオ局・エフエム845で歌手の林田夏美Saoriの2人による新番組「Saori 夏っちゃんのはるいろ・いろいろ」が2021年12月3日、スタートした。初めてラジオパーソナリティを務めた林田は「ラジオのパーソナリティは考えてもいませんでしたが、自分の身近な出来事を話していきたい」と話していた。

林田夏美(左)・Saori.jpg
林田夏美(左)とSaori


 2人は共に兵庫県の在住で、関西を中心に活動している。今年からエフエム845の朝の番組で林田夏美のセカンドシングル「丹後半島」Saoriのファーストシングル「もう一度...」が交互に紹介されていることもあって、新番組が実現した。
 番組は毎週金曜日の午後4時から1時間。音楽とゲストとのトーク、リスナーからのメッセージなどを交えたアットホームな内容。

 1回目の番組では、日頃あまり聞くことができない、2人が歌手になった経緯や日常生活の一端も飛び出しての楽しい1時間であった。
 主婦のかたわら歌手業を務める林田は「歌の仕事がある時は毎日午前3時に起きて、主人の朝ご飯・弁当と晩ご飯の支度をしてから出かけます」という頑張り屋。もともと子供の頃から夢見ていた歌手であったが、それの後押しをしてくれたのも夫だったという。

 2年前に出したデビュー曲「丹後・但馬 〜 未練旅」がSNSやFMラジオで話題になって、夏っちゃん(林田の愛称)を応援するファンクラブが各地に設立されていることも披瀝。沖縄には会員が30人、東京・浅草には20人といった具合で、神奈川県、高知県、山口県、さらには台湾にも熱烈に応援する人たちが増えている。
 来年にはカバーアルバムも予定しているというが、番組にはそこに収録する予定の曲にもリクエストが寄せられていた。

 同じく主婦で歌手であると共に、地元但馬のコミュニティFMラジオでもパーソナリティをするSaoriは、高校時代に悩んでいた音痴を練習で克服して、卒業後はオーディションを受けて、有名スターと共にミュージカルに出演したほどの努力家。
 放送ではまた「子供の頃にはピアノを買ってもらえなかったので紙に書いた鍵盤で練習をしていました。宝塚歌劇団のトップの男役も夢見までぃたが、家族や周囲の猛反対もあって諦めたんです」といったエピソードも話した。

 ミュージカル女優時代には踊って歌う楽しさを知ったといい、その反面「下手くそと怒られて、何度も泣いたこともありました」とも。

 次回の放送は12月10日で、ゲストには歌手大林幸二を迎える。

写真・記事の無断使用はお断りします。


[FM845]
https://fm-845.com/index.html








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

林田夏美・Saoriがラジオで新番組 [ラジオ]

◆歌手の林田夏美とSaoriの2人が2021年12月3日から、京都市内をエリアにするコミュニティFMラジオ局・エフエム845(京都市伏見区)で、生放送番組「はるいろ・いろいろ」を始める。

DCF3AAF4-6BBD-45CC-B0B5-8E50DEF96ABC.jpeg
林田夏美(左)とSaori

 2人がパーソナリティを務め、ゲストを迎えるとともに、リスナーとの楽しい交流などを取り入れた内容の番組にするという。
 放送は毎週金曜日、午後4時から5時までの1時間の生放送。初回の放送は12月3日。

Saoriは他局でのパーソナリティを努めており、今年、「もう一度...」で歌手デビュー。昨年歌手デビューした林田はデビュー曲「丹後・但馬~未練旅」と2枚目のシングル「丹後半島」が好評だが、ラジオパーソナリティは初めての体験で「飾ることなく、自分の言葉でお伝えしていきます」と、話している。

写真・記事の無断使用はお断りします。


[FM845]
https://fm-845.com/index.html








nice!(3) 
共通テーマ:音楽

三ツ屋亜美、FM845「響竜也の歌手やっちゅうねん」に出演 [ラジオ]

◆京都市伏見区のコミュニティFMラジオ、エフエム845の人気長寿番組「響竜也の歌手やっちゅうねん」に、徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、三ツ屋亜美が出演した。

響竜也の歌手やっちゅうねん.jpg


 パーソナリティの歌手、響竜也による独特なジョークを交えたトークに、三ツ屋はあっけに取られっぱなし。

 番組を聴いていたえりっちさんからは「FM845にようこそ、〈響菌〉に気をつけて」といったメッセージが寄せられていた。

 三ツ屋は去年7月のメジャーデビュー以来、毎月関西でキャンペーンを続けている。放送では「これからもまだまだ、キャンペーンを続けて行きます」と話していた。

記事・写真の無断使用はお断りします。


nice!(4) 
共通テーマ:音楽

林田夏美の新曲「丹後半島」 FM845で毎朝聴ける  Saoriの「もう一度・・・」と週替わりで放送 [ラジオ]

◆兵庫・但馬在住の歌手林田夏美の2枚目のシングル「丹後半島」が、9月20日毎朝5時から、京都市のコミュニティエフエムラジオ「FM845」で放送される。

8C56A99F-14BD-465D-A483-D3D822002304.jpeg
林田夏美


今年6月に発売されたCD「丹後半島」は、インディーズレーベルでの発売ながら、前作同様にインターネットやコミュニティエフエムラジオなどで紹介されるや、急速に全国から注文が殺到。地元のCDショップでの委託販売もあって、各地で評判を高めている。

この楽曲が取り上げられるのはFM845の毎朝午前5時から放送されている番組「京都名曲早朝便」。「番組が推薦する良い歌を毎日フルコーラスでじっくりと聴いて頂きたい」(FM845)と、選曲された。

F380A864-0C95-4FED-AA73-0CEA444E0DAE.jpeg
Saori

楽曲が放送されるのは11月25日まで。。同じ但馬在住のSaoriのファーストシングル「もう一度・・・」(8月4日リリース)と1週間交代でオンエアされる。

林田は「皆さんにぜひ聴いてもらって、覚えて歌って下さい」と、話している。







nice!(4) 
共通テーマ:音楽

みやま健二、響竜也の歌手やちゅうねん(FM845)で「はったつさんうたまつり」アピール [ラジオ]

◆テイチクエンタテインメントの歌手、みやま健二が2021年5月27日、京都リビングエフエム(FM845)の人気番組「響竜也の歌手やちゅうねん」に生出演。7月7日に大阪・住吉大社で開かれる「はったつさんうたまつり」への来場を呼びかけた。

響竜也の歌手やちゅうねん・小.jpg
みやま健二(左から2人目)がゲスト出演した「響竜也の歌手やちゅうねん」の番組パーソナリティと
左端が古賀智子、右端が響竜也


 番組は歌手の響竜也と古賀智子さんをパーソナリティに、歌と聴取者からのメッセージなどによる、1時間のトーク番組。
 久々に生出演したみやまは、前作の「能登の灯祭り」に次いでの祭り歌で、去年8月に出したテイチク移籍第1弾「太鼓男祭り」を紹介すると共に、7月7日の七夕に開催され、自らも出演する「はったつさんうたまつり」をPRした。

はったつさんうたまつり.jpg
7月7日に行われる「はったつさんうたまつり」

 同うたまつりは、毎月初めての辰の日に行われている住吉大社の初辰詣りに合わせて、年2回開催されるヒット祈願と歌の奉納イベントである。今年1月に初めて行われ、今回で2回目。
 みやまは前回に続いてこれに出演する。7月7日には番組メインパーソナリティの響きも出演することから、2人で番組を聴く人たちに当日の来場を呼びかけた。

 番組ではまた、このところ活躍場所を全国に広げているみやまに、響きが「東京に行くようになって変わったなぁ〜」と冷やかす場面もあって、終始笑いに包まれていた。








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

美山京子、仲良しの青木あきとラジオ番組「京子とあきのプレミアム歌謡ショー」(CRK)を収録 [ラジオ]

◆関西を中心に活動する歌手、美山京子(日本クラウン)が、同じ青木あき(ホリデージャパン)とパーソナリティを務めるラジオ関西(CRK)の番組「京子とあきのプレミアム歌謡ショー」の4月放送分の収録が2021年3月23日、神戸市の同放送局で行われた。作曲家水森英夫が電話出演して、自身が手がけた氷川きよし(日本コロムビア)山内惠介(ビクターエンタテインメント)青山新(テイチクエンタテインメント)二見颯一(日本クラウン)らの新曲について話した。

美山京子・青木あき ラジオ関西 2.jpg
京子とあきのプレミアム歌謡ショーの収録スタジオで
パーソナリティーの美山京子(右)と青木あき


 番組は美山京子のパーソナリティで去年7月にスタート。今年から青木が加わって、ゲストとのトークやふるさとの話、リクエスト葉書の紹介などを放送している。4月からは放送時間が毎週月曜日未明の午前12時30分から1時まで30分間に変更される。

 4月のゲスト、水森英夫との電話トークでは、まず3月30日に発売される氷川きよしの新曲「南風」が話題に。
 水森は、希望が持てる暖かい風を感じられるような楽曲を、と作られた爽やかな作品であるとして「無理をせずにシンプルな生き方をしている彼が、この作品でも爽やかに表現してくれている」と、説明した。
 山内惠介の新曲「古傷」(2月24日発売)については、今まで歌謡曲っぽい作品を歌っていたが「演歌っぽく変えて、大人の世界に足を踏み入れたものである」と水森。緩急をつけた歌唱ができ、ファン層も「男性が多くなった」とも。

美山京子.jpg
美山京子

 パーソナリティを務める美山は、2013年に水森が作曲を手がけた「垂水の人よ」を歌い、約1年で1万枚を販売して、自身の代表曲にした。以来、最新曲の「おかめひょっとこ夫婦道」まで水森作品を歌っている。
 こうした一連の作品を含め、水森との交流は20年にもなるという美山だが、「今でも先生と話していると緊張します」と、電話を通してのインタビューでも終始真剣な面持ちであった。

 氷川、山内に次いで話題になったのは、去年2月にデビューした青山新。今年2月3日には、2枚目のシングル「霧雨の夜は更ける」を発売している。彼の歌唱を水森は「ストレートに歌うから、歌が大きく感じられる」と評価。
 また2月10日に「修善寺の夜」を出した二見颯一は、今月には第35回日本ゴールドディスク大賞の「ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト」を受賞するなど、将来が期待されている。「力を付けてきており、ここ1、2年でいい歌を歌えるようになるだろう」と水森。

美山京子・青木あき ラジオ関西.jpg

 番組ではまた。美山と青木の楽しいトークも番組の看板になっている。
 この日もふるさと談義で花が咲いた。美山は兵庫県氷上郡の出身であるが、一方の青木あきは鹿児島・沖永良部島出身。デビュー10周年記念曲「永良部恋歌」を去年11月に出したばかりで、青木が「いずれはファンの方々と沖永良部島ツアーを行いたい」というと、美山が「わたしも一緒に行きたい。島で歌謡ショーもやりたいね」と、おおはしゃぎ。

 番組の放送日は2021年4月4、11、18、25日。


[美山京子 オフィシャルサイト]
http://www.office-miyama-kobe.com/
[美山京子 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/miyama-kyoko/whats.html








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

みやま健二、ラジオ関西「うたのホットライン」収録  9月20日放送 [ラジオ]

◆テイチクエンタテインメント移籍第1弾で、愛媛・新居浜の太鼓祭りを歌った新曲「太鼓男祭り」が好調なみやま健二が、2020年9月18日、ラジオ関西(神戸市)の番組「うたのホットライン」の収録を行った。9月20日午前4時30分から放送される。

みやま健二・ラジオ関西2.jpg
10月11日には大阪市内で新曲発表会を開くみやま健二(中央)とパーソナリティーの早咲みちよさん(右)

 番組でみやまは、今年で歌手デビューして20年になるが、その胸の内をパーソナリティーの早咲みちよさんに訊ねられると「短かった20年ですが、これからの20年がどんなものなのかは、まったく想像も付きません」と話した。

みやま健二・ラジオ関西3.jpg
祭り気分を存分に味わえる「太鼓男祭り」をアピールする

 新曲については「今年は全国的に祭りも自粛傾向にありますが『太鼓男祭り』で祭り気分を味わって下さい」と呼びかけ、カップリング曲の「あゝおふくろよ」を歌う際には「いつも18年前に亡くなった母の面影が浮かんできます」ともらしていた。

みやま健二・ラジオ関西1.jpg

 番組ではそれらの楽曲も流れるが、早咲さんはみやまの声を「温かい声ですね」と感想を述べていた。


[みやま健二 オフィシャルサイト]
https://warakasu.jimdofree.com/%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%BE%E5%81%A5%E4%BA%8C/








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

みやま健二、奈良と京都でFM放送出演  3.1のデビュー20周年記念ディナーショーをアピール [ラジオ]

◆徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手で、最新曲の「能登の灯祭り」が好評なみやま健二が、奈良・五条市と京都市のコミュニティーFMの番組に生出演して、3月1日に開催するデビュー20周年を記念したディナーショーをアピールした。


 奈良県五條市のFM五條は開局3年目のまだ新しいFM局。2020年1月20日、生放送の「FM 五條ヒルドキッ!」に出演。パーソナリティは市内で寿司店を経営する宇山英明(愛称・うえきょん)さん。みやまとは初対面ということもあって、まずは「なぜ歌手に」から質問。
 「5歳で村田英雄の『王将』を教えてもらって歌ったところ、拍手をもらったのが、その気にさせられました」「ところが17歳の時、歌手になりたいと言うと、父親からダメの一喝。一旦は諦めてトラック運転手や大工など色んな仕事を体験しました」

みやま健二・FM五條.jpg
FM五條の番組でパーソナリティー・うえきょんさん(右)の質問に答えるみやま健二

 デビューにかかわる話を聞いて、うえきょんさんは驚きの連続。
 そして話はいよいよ佳境に。「20周年なんですね。おめでとうございます」とうえきょんさん。
みやまは「20年の間にいろんなことがありました。今、ここで話をしているなど、デビュー当時には考えられなかったし、今は夢を1つひとつ掴んでいます」と応えた。

 「能登の灯祭り」も流れて、うえきょんさんは「格好いい歌ですね。声もいい」と、気にいった様子。
 「20周年記念ディナーショーでは、これをメインに歌います。是非、会場にお越し下さい」
ディナーショーをPRするみやまの声にも気合いが入っていた。

みやま健二・20周年記念ディナーショー.jpg
20周年記念ディナーショーは3月1日、大阪・太閤園で開かれる

 1月24日には京都市伏見区のエフエム845「新春6時間生放送845電話リクエスト」に出演した。番組は午後3時から9時までの電話リクエスト番組。リクエスト受付けて、その間にゲストとのトークを盛り込むといった内容。2年ぶりの出演というみやまはそのゲストのトップバッター。
 放送開始間もなく、3年前に発売した「濱撫子」へのリクエストが届く。「いまだに多くの人に歌ってもらってますよ」と、みやま。

みやま健二・FM845.jpg
エフエム845の生番組でデビュー20年を振り返るみやま

 同局は今秋には開局25周年を迎える。演歌・歌謡曲の放送が多いことで知られ、みやまもデビュー以来出演してきた。
 その彼は「この間、基本を忘れずに頑張ってきたことで、20周年を迎えることが出来た」と感慨深そうに話し、聴取者からのリクエストを読むシーンも。

 「去年の今頃は能登の寒ブリ祭りで『能登の灯祭り』を歌っていました。今年は20周年記念ディナーショーのほか、記念曲もリリースしたい」
みやまは語りかけていた。


[みやま健二 オフィシャルサイト]
https://warakasu.jimdofree.com/%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%BE%E5%81%A5%E4%BA%8C/








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

藤井香愛(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  4.14 ラジオパーソナリティーデビュー   東海ラジ「原・藤井の歌謡曲主義」 [ラジオ]

◆2018年7月に「東京ルージュ」で徳間ジャパンコミュニケーションズから歌手デビューした藤井香愛(ふじい かわい)が、19年4月14日から東海ラジオ放送で毎月第2週以降の日曜日に放送される番組「原・藤井の歌謡曲主義」でパーソナリティーデビューすることになった。

藤井香愛・原 藤井の歌謡曲主義.jpg
メインパーソナリティーの原光隆(右)と新番組への意気込みを見せる藤井


 東海ラジオが18年10月から毎週日曜日に放送してきた「原光隆の歌謡主義」のメインパーソナリティで、同局アナウンサー、原光隆と共に、初のラジオパーソナリティーを務める。放送は毎月第2週以降の日曜日午後5時から7時半。

 番組では藤井が生歌を披露するコーナーのほか、昭和・平成の歌謡曲もカバーするなど毎週、さまざまな生歌歌唱に挑戦して聴かせる。
 歌手デビュー前には、カラオケのガイドボーカルを100曲以上も担当していたというだけに「彼女には打ってつけの番組」として期待が高まっている。

 藤井は「以前からラジオパーソナリティーのレギュラー番組を持ちたいと思っていましたが、ようやく夢がかないました。毎週、爪あとを残していきます」と意欲をみせている。


[藤井香愛 オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/kawai-fujii/
[藤井香愛 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/id=10422







nice!(6) 
共通テーマ:音楽

福島はじめ(日本クラウン) 歌の力で福島を勇気付けたい 3.11、ラジオで語る [ラジオ]

◆東日本大震災から8年の2019年3月11日、ラジオ大阪の番組「熟メン!野村啓司です」に出演した福島県南相馬市出身で、震災では実家が津波で流された歌手の福島はじめ(日本クラウン)が、復興しつつあるふる里に「歌で元気と笑顔を届けたい」と話した。

福島はじめ3.jpg
「福島を背負って歌います」という福島はじめ


 福島はじめは2011年3月11日の震災当日、南相馬市に帰省していた。実家は津波で流されるといった被害に遭ったものの、少し高台にある母親が営む居酒屋に居合わせたことから、彼は難を逃れることができた。

 「小さな頃から津波が来たらどう対応するか、などを学習してきたけれど、今になってあの時に何も出来なかった自分を後悔をしています」
 そう話す彼は、今の自分をもらった命として「福島のために役立てたい」と、震災を機に芸名を福島一(現在は福島はじめ)に変え、ふる里復興を願って歌い続けている。

 復興のためにと、避難所を回って歌を届けるボランティア活動にも通った。
 そこでは「漁師町の人からは海の歌のリクエストもたくさんありました。皆さんからは<来てもらって良かった><心の癒しになった>などと声をもらい、音楽(演歌)の力が如何に大きいかを知ることが出来ました」という。

福島はじめ・女の時雨.jpg 大きな被害に見舞われた南相馬市も徐々に復興が進んでいるというものの「まだ街に帰って来られない人も多く、人口の減少も著しい。そうした中では心のケアが必要であり、歌を届けることで皆さんを勇気付けていきたい」と福島。

 番組では新曲の「女の時雨」も放送された。




 福島が出演した「熟メン!野村啓司です」は、演歌歌手をゲストに迎えて放送するなど、演歌情報をたくさん放送してきたが、3月28日で放送を終了することになっている。


[福島はじめ オフィシャルサイト]
https://warakasu.jimdofree.com/福島はじめ/







nice!(4) 
共通テーマ:音楽

演歌「どてら婆さん花一代」の尾本喜代美さん 西宮・さくらFMで番組収録 広島・FMはつかいちのコロンちゃん [ラジオ]

◆広島の郵便局員で歌手でもある尾本喜代美さんが、2018年3月13日、兵庫・西宮市のコミュニティエフエムラジオ「さくらFM」(78.7MHz)の懐メロ番組「煌めく!あの日あの歌」の収録をし、オリジナル曲とともに少女時代などの想い出の歌の数々を紹介した。自らパーソナリティをつとめる広島・廿日市市のコミュニティFMの番組PRも忘れずにしっかりとしていた。放送は3月14日午後7時から。

尾本喜代美・さくらFM.jpg
「煌めく!あの日あの歌」の村田好夫パーソナリティと尾本喜代美さん(右)


 尾本さんは2014年に「演歌ひとすじ女節」でCDデビューし、16年2月には2枚目のシングル「どてら婆さん花一代」を出している。平日は郵便局の貯金・保険窓口で働き、休日を使って歌手活動をする。毎週月曜日には、FMはつかいちで午後7時から放送されている「コロンちゃんとキラキラ歌仲間」のパーソナリティーを務めている。

 さくらFMで毎週水曜日午後7時から放送している「煌めく!あの日あの歌」は、元朝日放送のフリーアナウンサー、村田好夫さんがパーソナリティをする人気番組。ゲスト出演するリスナーが懐かしの歌を取り上げ、想い出を重ねながら歌を紹介する。番組が始まって3年の間に、女子高生から70歳代の人まで約100人が番組に参加している。

尾本喜代美・さくらFM2.jpg
番組ではレコード盤のリクエストにも応えている

 この日、尾本さんは「演歌ひとすじ女節」に収録されているカップリング曲「夢の首飾り」のほか、恋愛に憧れていた少女時代に重ねてよく聴いた「シルエットロマンス」(大橋純子、1981年)練習曲であった「異邦人」(久保田早紀、1979年)などを取り上げて、それぞれの歌がリリースされた当時の想い出や広島の名所をPRしていた。

尾本喜代美・さくらFM44.jpg コロンちゃんの愛称で親しまれている尾本さんには、はるばる広島から応援メッセージがスタジオに届いて大喜び。
 また5月には尾本は、広島市の平和公園などで繰り広げられるフラワーフェスティバルに初めて出演し、オリジナル曲など2曲を歌うことが決まっている。

 さくらFMは市民への情報伝達を目的に阪神淡路大震災の直後に設立され、今年、開局20年目を迎えている。「煌めく!あの日あの歌」は毎週水曜日のほか、日曜日午前7時から再放送している。
 さくらFM専用アプリでスマートフォン・タブレットから、同社のホームページからでも聴くことができる。
コロンちゃんこと尾本喜代美さん



尾本喜代美・さくらFM3.jpg
リスナーからFAXでコロンちゃんへ応援メッセージも届いた


nice!(7) 
共通テーマ:音楽

エフエム845  特別番組・6時間生放送の電話リクエスト  みやま健二など京都ゆかりの歌手6人が交代でパーソナリティー [ラジオ]

京都リビングエフエム(FM845)が2017年6月16日、6時間生放送の電話リクエスト特別番組「よりそいラジオ845 ~ひとりじゃないよ~ 」を放送する。放送時間は午後4時から同10時まで。同局の看板MC、石井まり子をメインに、京都ゆかりの歌手6人が交代でパーソナリティーを務める。

よりそいラジオ845.jpg


 6人のパーソナリティーは地元・京都などで活動している歌手。
 午後4時台は結婚相談所代表を務めながら去年、実弟の増位山が歌う「夢酒場」をカバーリリースした米澤ひでかず。同5時台は毎週木曜日に同局でレギュラー番組のパーソナリティーをしている里美。同6時台は新曲「浜撫子」が好調なみやま健二
 同7時台はデビュー30年のベテラン門川朝江。同8時台は去年歌手デビューした茶道・華道家とモデルの顔も持つHATSUMI。同9時台は去年新曲「涙の波止場」を出した塩見陽山

 放送30分前の午後3時30分から専用電話・ファックスで演歌・歌謡曲のリクエストを受け付ける。

 リクエストの受け付けは、電話が075-602-9401 ファックスは075-602-9432
いずれも当日だけの番号で、受付時間は午後3時30分から。
 次回の放送は12月14日を予定している。


[京都リビングエフエム(FM845)]
http://www.fm-845.com/






nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

井上実香(キングレコード) ラジオ大阪「歌は世につれ・・・歌好きドン」収録 3月リリースの新曲をアピール [ラジオ]

◆2017年3月8日に5枚目のシングル「有りン子」を出すキングレコードの歌手、井上実香がこのほど、ラジオ大阪(OBC)で歌謡情報番組「歌は世につれ・・・歌好きドン」の3月3日放送分の収録にゲスト出演して、新曲をアピールした。番組アシスタントで歌手の浅田あつこ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)は「ヒットの匂いがする」と応援メッセージを送っていた。

井上実香・歌は世につれ・・・歌好きドン.jpg
ゲスト出演した井上実香(右)と、レギュラーの中村泰士(中央)浅田あつこ

 「歌は世につれ・・・歌好きドン」は、ラジオ大阪で毎週金曜日午後6時から作曲家の中村泰士と浅田、塩乃華織がパーソナリティーを務めて、最新の音楽情報などを届けている。収録日には塩乃は新曲キャンペーンで欠席だった。

 「有りン子」は中村が作詞と作曲を担当した。カップリングには、井上の父親で竜ジイの名前で親しまれてきた元吉本新喜劇の役者、井上竜夫と1990(平成2)年に父娘デュエットして、井上の歌手デビューのきっかけとなった「ナイト大阪」を再収録している。

井上実香・有りン子.jpg 中村は「曲作りからレコーディングとすべてがスムーズに行っており、きっと天国からお父ちゃんが見てくれてる」と井上を励まし、浅田も歌を聴いて「オシャレで格好いい歌。ヒットする匂いがするよ」とエールを送っていた。

 今までの井上の楽曲とはガラリと変わったワルツ調の歌は「年上の女性が気の弱い男性に早く好きと言って、と口説いているような可愛い男女の話し。昭和の匂いもします」と井上。



 井上が昨年、中村がプロデュースをする道頓堀SUPER歌謡劇場に出演したのがきっかけで、中村のレッスンを受けていた。それが縁で今回、新曲作りを依頼した。

 3月21日の道頓堀SUPER歌謡劇場で井上は、新曲発表のコーナーを設けるほか、当面は大阪を中心にキャンペーンなどを行い、関西での話題作りを進めていくという。


[井上実香 オフィシャルサイト]
http://www.geocities.jp/mika_inoue_singer/
[井上実香 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=35548





nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

入山アキ子(テイチクエンタテインメント)  ぎふチャン「ココスタ」に初出演 新曲「信濃慕情」で看護をアピール [ラジオ]

◆パーソナリティーのCoCo未来の軽妙なトークが人気の岐阜放送(ぎふチャン)のラジオ番組「ココロ・イー・スタシオン」(ココスタ)に2017年1月23日、元看護師でテイチクエンタテインメントの歌手、入山アキ子が初出演して、看護師国家試験の受験勉強で音楽に合わせて病名を覚えるなどしていたことを話した。

入山アキ子・ぎふチャン.jpg
パーソナリティーのCoCo未来とのツーショットの入山アキ子(右)

 出演したのは、注目の歌手を紹介する〈この人に注目〉のコーナー。
 そこで入山は、伝染病予防法の法定伝染病を ♪ コレラ 赤痢 痘瘡 ~ と、演歌のメロディーに合わせて暗記したことを紹介した。

 入山は歌に助けられて、見事に防衛医科大学病院の看護師になることが出来た。その時の経験から入山はステージに立つかたわら、「歌も看護も心から」をモットーに、病院を訪ねて歌と健康講座のボランティアも続けている。

CoCo未来.jpg入山アキ子.jpg












 呼吸療法認定士の資格も持つ彼女は「歌を歌うのはストレス発散にもなります。歌で看護が出来ないものか」とも考えている。

 番組ではこのほか、入山の新曲「信濃慕情」と、そのカップリング曲「恋待岬」も紹介した。入山の地元、山口県のファンからはファックスで応援メッセージが寄せられたり、岐阜県中津川市から約2時間かけてやって来たというファンは熱い声援を送っていた。


[入山アキ子 オフィャルサイト]
http://xn--cckwa042wikihmb.jp/
[入山アキ子 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/iriyama/







nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

山本あき(キングレコード)  29日で終了する歌番組「歌の交差点」(ミュージックバード)の担当パーソナリティーを終える [ラジオ]

◆関西にも馴染みの深い山本あきが、毎週木曜日にパーソナリティーを務めていた衛星デジタル音楽ラジオ放送、Music Birdの番組「歌の交差点」が2016年12月29日で終了するのに伴い、山本担当の最後の放送が同22日行われ、リスナーが電話出演して番組の思い出を話すなどして、番組が終わるのを惜しんでいた。

山本あき.jpg
山本あき

 20数年にわたって演歌・歌謡曲ファンなどに親しまれてきた「歌の交差点」で、木曜日のパーソナリティーを山本あきが担当したのは4年半前から。1時間の放送ではパーソナリティーのトークやリスナーからのリクエストに応えるなどして、たくさんのファンをつかんできた。

 山本が担当する最後の放送となった22日には、5人のリスナーが電話出演した。その1人、京都市の小川啓子さんは地元のコミュニティエフエム・FM845で、毎週木曜日の放送を楽しみにしていたという。「終わるのが寂しいです。いつもカラオケで『たそがれ本線』を歌っています」と話していた。

 山本は「番組が終わっても、また来年には京都か大阪で会えると思います。楽しみにしています」と応えていた。

 番組最終日の29日には、山本あきのほか西尾夕紀、松尾和美、原田ヒロシの各曜日担当のパーソナリティーが全員顔を揃えて放送される。

 山本は1月から、東京・蒲田のブルースバー・CATFISH TOKYOでキャサリン山本に変身してライブを毎月開くことになっている。


[山本あき オフィシャルサイト]
http://www.yamamotoaki.net/
[山本あき キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=32070






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽