SSブログ

第225回歌謡曲応援の会、6人が熱唱  大阪・ロイヤルホース [ライブ]

第225回歌謡曲応援の会が2022年8月24日、大阪・梅田のライブハウス、ロイヤルホースで開かれました。里美、沢冨美子、桂木龍、神田美紀、美山京子、中山ひさしの歌手6人が出演した。

第225回歌謡曲応援の会 2.jpg
第225回歌謡曲応援の会の出演者たち


 6人はそれぞれ最新曲など4曲ずつを歌った。

 京都を中心に活動している里美はデビュー10年になり、「月のしずく」をアピール。
 大阪・枚方市在住の沢冨美子は8月1日で市制75年を迎えた枚方の町を明るく幸せにしたいと、今年中に発売する予定の「幸せ運ぶ枚方の街」を歌った。

里美 2.jpg
里美
沢冨美子 2.jpg
沢冨美子

 鳥取県大山町出身の桂木龍は、自身のソウルソングとも言える「大山」のほか、「幸せとまれ赤トンボ」も歌った。
 神田美紀はラテン歌手を10年経験した後にしばらく休業していたが、8年前に再デビュー。ジャズ調の「午前3時の胸騒ぎ」などを聴かせた。

桂木龍 2.jpg
桂木龍
神田美紀 2.jpg
神田美紀

 美山京子は「たくさんの歌仲間と色んな所で歌えるのが幸せです」と、最新曲の「おかめ ひょっとこ 夫婦道」と「垂水の人よ」などを披露。
 2度目の出演という中山ひさしは、最新曲「星空のマンボ」などを歌った。

美山京子 2.jpg
美山京子
中山ひさし 2.jpg
中山ひさし

※写真・記事の無断使用はお断りします。








nice!(3) 

nice! 3